2020年02月29日

高御位山調査登山

山域: 兵庫県 高御位山
日程: 2020/2/29
参加者:達雄、陽子

27日に続く調査登山。今回は各神社をうまくつないで歩いてみようという企画でした。

現在高御位山の南側では大規模なイノシシ柵設置工事をしています。その工事用なのか、遊歩道のような新しい道が続いていて、それを歩いて各神社をつなぎました。
20200227-takamikura2.jpg




鹿島神社駐車場(9:55)-高御位山(11:07-11:16)-駐車場(12:51)
20200229-YAMAP.JPG

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(高御位山)

2020年02月27日

高御位山調査登山

山域: 兵庫県 高御位山
日程: 2020/2/27
参加者:達雄

高御位山のふもとにある神社の調査登山をしました。
鹿島神社、北山鹿島神社、山頂の高御位山神社の三つは有名ですが、他に、南側に、経政神社、長尾天満宮、高御位山神社の三つの神社があります。

経政神社
20200227-takamikura05.jpg

長尾天満宮
20200227-takamikura04.jpg


高御位山神社の鳥居の向こうには山頂が見えます。
20200227-takamikura06.jpg


鹿島神社駐車場(9:39)-高御位山(11:53-12:01)-駐車場(12:47)
20200227-YAMAP.JPG

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(高御位山)

2020年02月24日

62歳最初の山は比婆山系

山域: 広島県 比婆山
日程: 2020/2/24
参加者:達雄、陽子

連休は久しぶりの山口帰省。帰路に以前から登ってみたかった比婆山に寄り道。 麓の比婆山温泉に前泊して、早朝に登山口となる、ひろしま県民の森に入りました。
スキー場は前々日までの営業でしたが、それでもスノーシューができるくらいの雪はあるのではと考えていたのですが、周囲の山を見て諦めがつきました。(山頂付近では当日のスノーシューのトレースはありましたが・・・)
代わりに周囲を取り巻く比婆山系の山々、牛曳山、伊良谷山、毛無山、烏帽子山、御陵、池ノ段、立烏帽子山、竜王山 の8山を歩くことにしました。
歩行距離19km、累積標高差は1328m、所要時間は7時間19分。 62歳の初登山からクタクタになることができ、大満足です。
比婆山はゆったりとした山容で登山道も整備されており、スノーシューに最適な山に思えました。ブナの原生林もあり、新緑や紅葉の季節にも来てみたい山でした。

最初はキャンプ場から伊良谷山方面への整備された道を歩いて峠に。牛曳山(1144m)山頂を往復しましたが、山頂は藪が多くて景色も今一つ。
20200224-hiba01.jpg

峠に戻って、次は伊良谷山(1149m)。霞んでいて今一つでしたが、藪の隙間から白く輝く大山が見えました。
20200224-hiba02.jpg

ところどころに雪が出てくる道を歩いて、毛無山(1144m)山頂へ。山頂は開けて遠くまで見渡せました。
20200224-hiba03.jpg

出雲峠に行くまでにあるキキョウが原(1071m)からは大山が一番よく見えました。 積雪で白い上に霞んでいるので、分かりにくいですが、写真左にうっすらと。
20200224-hiba03a.jpg

出雲峠にはトイレと避難小屋がありました。ここで初めて登山者と出会いました。 年配の男性三人組と、ご夫婦? 途中で追い越して烏帽子山(1225m)です。
20200224-hiba04.jpg

ようやく比婆山(1264m)に到着。標識には御陵とありました。何もないところだなと休憩場所を求めて進むと、こちらが本当の御陵? 祠やご神体?の石が祭られていました。
20200224-hiba05a.jpg

20200224-hiba05b.jpg

池ノ段(1279m)山頂。少し先には熊野神社でしょうか?石仏が有ったので、安全祈願をして戻りました。
20200224-hiba06.jpg

20200224-hiba06a.jpg

そして、いよいよ本日の最高峰、立烏帽子山(1299m)に到着し、やったー。
20200224-hiba07a.jpg

峠に向かって下っていると前方に竜王山が見えていて、ほとんど登りが無いような。峠から往復50分。ついつい行ってしまいました。
20200224-hiba08.jpg

峠に戻って、後は下るのみ。16時前に駐車場に到着しました。

広島県民の森駐車場(8:33)-牛曳山(9:29-34)-伊良谷山(9:42-9:55)-毛無山(10:17-10:31)-烏帽子山(11:48-11:57)-比婆山(12:07-12:12)-池ノ段(13:25-13:34)-立烏帽子山(13::47-14:01)-竜王山(14:30-14:35)-駐車場(15:52)
20200224-YAMAP.JPG
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中四国

2020年02月20日

天児屋山でスノーシュー

山域: 兵庫県 天児屋山
日程: 2020/2/20
参加者:達雄、陽子

先日降った雪に期待してちぐさスキー場から天児屋山を目指したのですが、スキー場付近はゲレンデに雪があるだけで道路や駐車場はアスファルトむき出し。
林道をスノーシューを背負って歩いていくと車止め辺りからうっすらと積雪。先行するご夫婦や単独男性は何もつけずに歩いていましたが、せっかくだからと、三国平登山口よりスノーシューをつけて登りました。
途中、三国平手前で折り返して下山する男性とすれ違い、山頂でスノーシューを着けていた夫婦連れを追い越しました。
ここから先はトレースは無く、笹の上に積もった雪の踏み抜きなどをスノーシューで力づくの突破を繰り返し、天児屋山にたどり着きました。

三国平のすぐ手前、笹がでていました。
20200220-tengpya01.jpg

20200220-tengpya02.jpg

三国平から先は先頭に立ち笹の上を強行突破。
20200220-tengpya03.jpg

いつもは雪原になっている山頂も笹とブッシュが出ていました。
20200220-tengpya04.jpg


ちくさスキー場駐車場(8:30)-三国平(9:47-9:59)-天児屋山(10:35-11:05)-三国平(11:40)-駐車場(12:45)
20200220-YAMAP.JPG
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2020年02月15日

残雪模様の那岐山

山域: 岡山県 那岐山
日程: 2020/2/15
参加者:達雄、陽子、矢留、永江

翌2/16に計画していたはりま支部合同登山が雨天中止となり、急遽4人で那岐山を登りました。もう少し雪があるかと思いましたが、先週末に降った雪も一気に融けてしまったようです。

今回は、大神岩コース~蛇淵滝コースを歩きました。
20200215-nagi07.jpg

第一駐車場に車を停めてきれいな沢沿いを歩きました。
20200215-nagi05.jpg

雪はこの程度しかありません。
20200215-nagi04.jpg

山頂からは四方の山が見渡せました。
雪の少ない山が多かった中、大山は真っ白に輝いていました。
20200215-nagi02.jpg

黒滝にも立ち寄りました。
20200215-nagi03.jpg

下山後に立ち寄った瀧大明神ノ境内には、セツブンソウの大群落ガありました。
20200215-nagi06.jpg


第一駐車場(9:00)-那岐山(11:30-11:50)-駐車場(14:30)
下記トレースはスタート忘れ、駐車場からSまでは沢沿いを歩きました。

20200215-YAMAP.JPG
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿

2020年02月11日

姫路登山倶楽部で今月三回目の小野アルプス

山域: 兵庫県 小野アルプス
日程: 2020/2/11
参加者:達雄、陽子、加藤、中田、前田、北条

二月の初心者向け定例山行(小野アルプス)で人数が多かったので4名グループの皆さんに別日程にしてもらいました。
このところ寒暖の差が激しく雨の日も多かったので、別日程に変更してもらって雨天中止は困るなと心配していたのですが、前回に勝る最高の登山日和となりました。

集合場所の鴨池駐車場に集合時間より30分早く着いたのですが、既に「登るぞ」というオーラで包まれた皆さんが待っていました。 前回と同じ、アザメ峠から紅山までの半縦走コースを歩いたのですが、予定より早く出発した上に、皆さんの歩くペースが速かったので、夫婦岩や古墳にも立ち寄ってから駐車場に戻りました。
皆さん念願の紅山の岩場を登り、充実感の中、駐車場でお菓子とコーヒーを飲みながら、反省会をして解散しました。

青空と岩、そして皆さんの元気溢れる姿。
20200211-ono02.jpg

岩に張り付かずにしっかりと登られていて感心しました。
20200211-ono04.jpg

紅山の山頂からパワースポット「夫婦岩」を往復しました。
20200211-ono05.jpg

夫婦岩からの帰り道は、先ほど登った紅山の岩場が良く見えます。
20200211-ono06.jpg

古墳に立ち寄り、入ってみました。
20200211-ono07.jpg

今日はコハクチョウガすぐ近くで休んでいました。
20200211-ono08.jpg


鴨池駐車場(8:40)-アザメ峠-総山-アンテナ山-惣山-紅山-駐車場(13:40)

20200211-YAMAP.JPG
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2020年02月08日

久しぶりの六甲山

山域: 兵庫県 芦屋地獄谷~荒地山~金鳥山
日程: 2020/2/8
参加者:達雄、陽子、松永、めぐちゃん、ますびー

元々は登山倶楽部のスノーシュー企画だったのですが、雪不足で中止したところ、松永さんより遊びに来ませんかとのお誘い。
5年ぶりの六甲山、芦屋地獄谷~荒地山経由で金鳥山まで歩きました。
めぐちゃん、ますびーとは初対面でした。

この時期の地獄谷は水が少なめ。
20200208-rokko01.jpg

万物相で一休み。
20200208-rokko02.jpg

テーブルロックの上でお昼休憩。
20200208-rokko03.jpg

こんなことが大好きなようです。
20200208-rokko04.jpg

イノシシのストーカーに会いました。
20200208-rokko05.jpg

阪急蘆屋川駅(9:00)-荒地山(12:50)-阪急岡本駅(15:15)
20200208-YAMAP.JPG




posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2020年02月06日

姫路登山倶楽部で小野アルプス

山域: 兵庫県 小野アルプス
日程: 2020/2/6
参加者:達雄、田島

本当はスノーシュー企画でしたが、雪不足で小野アルプスに変更しました。
前夜より今季最強の寒波が来て山陰地方は大雪。鳥取のお客様が来れなくなり田島さんと二人。
前回と異なり、とにかく寒い。時おり広いものがちらつく中の登山となりました。

今日の登山者はおそらく私たち含めて6名。岩場を独占できました。
20200206-ono01.jpg

第一回目の定例山行から参加の田島さん。さすがです。岩に張り付かず、理想的な登りをしていました。
20200206-ono02.jpg

三人グループと出会ってシャッターを押してもらいました。
20200206-ono03.jpg
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2020年02月02日

志方の城山に登りました

山域: 兵庫県 志方の城山
日程: 2020/2/2
参加者:達雄、陽子

小野アルプスの帰り道、陽子の城山に行ってみたいとの一言で急遽登ることに。
山頂まで最短の旧道コースは、クサリ場やトラロープの連続。落ち葉が積もった滑りやすい急斜面を一気に登りました。

駐車場からしばらく舗装路を歩くと、毘沙門岩が現れます。岩の横には頂上まで最短とか、旧道の標識があります。この舗装路をこのまま歩くと、山頂まで整備された階段があるのですが、当然の様に旧道に入りました。

これが毘沙門岩です。
20200202-shiro01.jpg

しばらく行くとクサリ場。そして、小毘沙門岩が現れます。
20200202-shiro02.jpg

その上もトラロープの連続。 とにかく落ち葉が積もってややこしい。
20200202-shiro03.jpg

山頂には百組くらいあるのでしょうか。たくさんのお地蔵様がありました。
20200202-shiro04.jpg

城跡の山頂にはトイレと桜の木があり、眺めも抜群でした。
20200202-shiro05.jpg


駐車場(14:00)-城山-駐車場(15:20)

20200202-YAMAP.JPG
posted by 岩と雪 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

姫路登山倶楽部で小野アルプス

山域: 兵庫県 小野アルプス
日程: 2020/2/2
参加者:達雄、陽子、北川、藤井、清水h、清水t、曽我、曽根、筧、江口、崎谷

二月の初心者向け定例山行で小野アルプスを歩きました。
紅山の岩場は初心者向けとは言い難いのですが、この時期の県北部は雪の可能性があり、考えた末の選択でした。

鴨池の駐車場で簡単な自己紹介のあと、アザメ峠から紅山までの半縦走コースを歩きました。
梅やつつじが咲く、薄手の長袖一枚でも十分な位の春の陽気でした。
20200202-ono01.jpg

展望台近くの岩場で紅山の岩場の全貌を見て、「長い・・・」の声。 
ここで少し早めですが、紅山を眺めながらのんびりと食事をすることにしました。
20200202-ono02.jpg

岩場が近づくにつれて、緊張が高まります。
20200202-ono03.jpg

「下から見ると、そうでもないでしょ。」と言いながら、気分転換の集合写真です。
20200202-ono04.jpg

「あまり岩場に張り付かないように。」との指導に、「分かりますが・・・無理です。」
皆さん両手をついて真剣なまなざしでした。
20200202-ono05.jpg

それでも、今回の参加者の皆さんは歩くのも早く、紅山の岩場も恐る恐るでしたがしっかりと歩かれていました。予定よりも早く終了しそうでしたので、ふもとで古墳の中に入り、コハクチョウやカモを見たりしながら駐車場に戻り、おやつタイムの後、解散しました。
20200202-ono06.jpg

20200202-ono07.jpg

鴨池駐車場(9:03)-アザメ峠-紅山(12:20-12:41)-駐車場(13:40)
20200202-YAMAP.JPG
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2020年02月01日

姫路登山倶楽部で東山雪山ハイク

山域: 兵庫県 東山
日程: 2020/2/1
参加者:達雄、陽子、北川、藤井、清水k、遠藤k、遠藤y

宍粟の東山(1016m)にスノーシューで遊びに行く予定でしたが、待てど暮らせど雪は積もらず。
直前の寒波に期待して、前日にララガイドと一緒に登山口の東山温泉まで下見に行ったのですが、この積雪ではスノーシューはできそうにありません。
20200131-higaiyama01.jpg

という事で、スノーシューはあきらめて、新雪の中をハイキングすることになりました。
宍粟市役所に集合後、みんなで登山口の東山温泉メイプルプラザまで移動して登山開始。

雪は少ないものの、皆さん雪山を登るのは初めての体験でした。
ふわふわの新雪の中を順番に先頭を歩いたり。
20200201-higashi01.jpg

雪だるまを作ったり。
20200201-higashi02.jpg

動物の足跡を追いかけたり。
20200201-higashi03.jpg

メルヘン、メルヘンと言いながら、木々に積もった雪の中を通り抜けたり。
20200201-higashi04.jpg

山頂の展望台から四方の白く輝く山々を眺めたり。
20200201-higashi05.jpg

食事の後のおやつタイムを楽しんだり。
20200201-higashi06.jpg

ツェルト体験をして貰ったり。
20200201-higashi07.jpg

スノーシューは来年にお預けになりましたが、新雪の山を楽しむことができました。
こんな企画も良いかもしれませんね。

東山温泉駐車場(9:20)-東山(11:03-12:00)-駐車場(13:04)
20200201-YAMAP.JPG
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫