2015年10月18日

紅葉が始まった氷ノ山散策のつもりが心肺停止の救助活動をすることに

山名  :兵庫県 氷ノ山
日程  :2015/10/18
参加者:達雄、陽子、吉田、矢留

東尾根登山口(8:55)-(9:20)親水公園(9:30)-(10:30)心肺停止の救助活動(11:55)-(12:20)氷ノ山越(12:35)-こしき岩(13:15)-(13:25)氷ノ山山頂(14:00)-(15:11)東尾根避難小屋-(15:25)東尾根登山口

例年より早い紅葉を見に氷ノ山の散策のつもりでのんびり歩いていると木地屋跡を過ぎたところで人だかり。団体さんの休憩かと通り過ぎようとすると胸骨圧迫の真っ最中でした。 私たちも加わりレスキューが来るまでり一時間強、順番で胸骨圧迫をし続けました。レスキューが処置をしてヘリの吊上げ準備に入ったところでその場を離れましたが、発見したのは9:40位という事でしたから約二時間の間通りがかった登山者たちがその単独の登山者を助けようと一生けん命に協力し合ったことになります。 あの登山者助かると良いですね。

写真はレスキューの処置が終わったので現場を離れるところ
20151018-hyounosen1.jpg

山頂避難小屋が青空に映えてます。
20151018-hyounosen2.jpg

肝心の紅葉はナナカマドの葉が色づき始めたところでもう少し。来週くらいが見ごろでしょうか。
20151018-hyounosen3.jpg

posted by 岩と雪 at 19:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 兵庫(氷ノ山)
この記事へのコメント
突然の書き込み失礼します。

こちらの記事で倒れていた登山者は、60〜70歳くらいの男性でしたか?
Posted by たなか at 2015年10月30日 19:30
はい、60代の男性だと思われます。
Posted by にしもと at 2015年12月09日 06:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/165998485

この記事へのトラックバック