2018年04月21日

重荷にあえぎながら登った笈ケ岳

山域:石川県 笈ケ岳
日程:2018/4/21-22
参加者:達雄、陽子、仲川、井口、上村、上田、武田、稲田、尾国

山岳会メンバー9名で二百名山の一つ笈ヶ岳に登ってきました。 金曜日の深夜移動で寝不足な中、初日はスキー場駐車場からブナオ山経由で冬瓜山手前のなだらかな場所にテント設営し笈ヶ岳山頂を往復しました。 二日目は野猿公園に下り林道を歩きました。こちらは急坂ではあるものの、踏み跡もしっかりしていました。 今回私たち以外の一泊山行は1名のみ、日帰り登山者は二日間で40名程度でしょうか、アプローチの短い林道を歩き野猿公園経由のルートで日帰り往復していました。
重い荷物にあえぎながらも、白山の雄大な景色を眺め、気心の知れた仲間と過ごす時間は最高でした。

発電所送水管横の長く急な階段を登りきるとやぶ漕ぎの始まり。ブナオ山までの行程はきつかった。 
20180421-oizuru02.jpg

なだらかな場所でテント設営後、山頂往復。 身軽になったというもののここからも長かった。
20180421-oizuru03.jpg

ようやく着いた静かで展望の良い笈ケ岳山頂。 他に一人だけの登山者にお願いして記念撮影。
20180421-oizuru01.jpg

名も知らない山々を眺めながら下山開始。
20180421-oizuru04.jpg

テント場から夕陽に色づく白山を見ながらの最高のひと時。
20180421-oizuru06.jpg

テントを撤収し、さあこれから長い長い下りです。
20180421-oizuru11.jpg

見事なほどのカタクリの群生に足を休めながらの下山。
20180421-oizuru12.jpg

4/21 スキー場駐車場(5:15)-(7:55)ブナオ山-(10:40)幕営地(11:00)-(13:20)笈ヶ岳(13:45)-(15:35)幕営地
4/22 幕営地(6:15)-(8:20)野猿公園休憩小屋-(10:50)駐車場

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183058188

この記事へのトラックバック