2019年02月21日

春のような蓼科山を娘と登山

山名  :長野県 蓼科山
日程  :2019/2/21
参加者:達雄、優里

昨年の北八ヶ岳に続き、今年も娘をつけて蓼科山と霧ヶ峰を登りに来ました。
前夜発で諏訪湖SAで仮眠し、朝食をとって登山口のすずらん峠まで入りました。
ビーナスラインにはほとんど雪はなく、乾いたアスファルト道でノーマルタイヤでも問題なさそうな状態でした。

すずらん峠の駐車場には五台程度の車が停車、平日で登山者は少なそうです。
一月に登った南八ヶ岳から霧ヶ峰にはほとんど積雪がなく、スキー場のみで白くなっている景色に驚きましたが、この時期になっても同じでした。 おそらく兵庫県中部の峰山高原辺りよりも積雪が少ないでしょう。 スノーシューは車において登山開始。
登山道にはほとんど雪はなく、ところどころに残るカチカチの雪がややこしい。 2000m手前でアイゼンを装着しました。

前回2013年に妻と二人で登った際は、天気は良かったものの、厳冬期特有の強い風が吹き荒れていましたが、今回は積雪量だけでなく快晴、無風で、まるで残雪期の山に登っているようでした。 何人かの登山者と出会いましたが、チェーンアイゼンや6本爪をつけている方もいました。 登山時は歩きやすそうだなと思いましたが、下山の時は雪が切れて大変そうでしたよ。

天気も良いので、山頂ではたっぷりと時間をとって休憩しました。 シートを広げてピクニック気分、SAで買った牛乳パンにかぶりつき、コーヒーを飲み、昨日登った蓼科山、その後方には八ヶ岳連邦、南アルプス、中央アルプス、そして北アルプスと山々が望めます。 おそらくあれは火打ち。妙高、そして浅間山が見えました。 浅間山は今年スキーで行こうと考えていましたが、黒ぐろとしてちてもスキーができる状態ではありませんでした。

休憩後、往路を下山、登り時よりも更に雪が融けているような。 今夜は白樺湖畔の君待荘に宿泊予定ですが、チェックインは3時から。 時間があったので、明日登山予定の霧ヶ峰の車山肩まで行き、スノーシュー散策は無理なことなどを下見したあとピラタスのロープウェイ乗り場まで戻って娘の蓼科山登山バッチなどお土産購入。 因みに、スノーシューレンタルは雪がないためか締まっていました。

君待荘では、誕生日を迎える私に夕食時にオーナーからワインのプレゼント。 長距離運転と登山の疲れもあり、部屋に戻って横になると同時に爆睡しました。

登山口は焼きが少ないためササが出ています。
20190221-tateshina01.jpg

登るに連れて霧氷がきれいでした。
20190221-tateshina07.jpg

山頂でツーショット
20190221-tateshina03.jpg

鳥居の辺りは無風状態
20190221-tateshina04.jpg

行動食は大好きな牛乳パンです
20190221-tateshina05.jpg

明日予定しはている霧ヶ峰はほとんど雪がありません。白くなっているところはスキー場の人工雪です。
20190221-tateshina06.jpg

駐車場(7:50)-(10:25)蓼科山(11:15)-(12:50)駐車場
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 八ヶ岳
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185612362

この記事へのトラックバック