2019年05月19日

姫路登山倶楽部定例山行で和気アルプス縦走

山域:和気アルプス
日程:2019/5/19
参加者:達雄、陽子、松永、清水H、遠藤K、遠藤Y、早川

三か月ぶりの姫路登山倶楽部定例山行となった和気アルプス。
ロープやツェルトなどガイド装備で重たいザックに不安はありましたが、
和気町役場を起点に、チンネスラブルート〜神ノ上山〜観音山・和気富士の周回コース9.1kmを参加者の皆さんとお話や指導をしながら歩くことができました。

今回は初参加の方が4名で岩場歩きのスキル等不明だったので、駐車場でテープスリングを使った簡易ハーネスの作り方を練習して9時過ぎに出発。 山の学校近くのクサリ場練習場で上り下りの練習をしたうえで、チンネ・スラブルートに取り付きました。
皆さんスムーズに歩かれたので、神ノ上山山頂で歓談しながら早めの昼食をとり、和気富士山頂では岩場歩きの復習なども入れて14時20分に下山しました。

天気が良いといろいろな話や指導も織り交ぜて歩くことができます。次回烏ヶ山も晴れますように。

クサリ練習場で上り下りの練習中
20190519-wake06s.jpg

いよいよチンネ・スラブルート
20190519-wake01s.jpg

これを越えれば核心部終了
20190519-wake07s.jpg

山頂で記念撮影(拡大できません)
20190519-wake04s.jpg

私は技術指導と安全管理、陽子は自然解説と役割分担しています。仕事の終わった私はにこやかな笑顔。
20190519-wake09s.jpg

陽子は何を説明しているのでしょう
20190519-wake08s.jpg

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中四国
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186025135

この記事へのトラックバック