2019年06月23日

初めて後山 行者コースを歩きました

域:後山
日程:2019/6/23
参加者:達雄、陽子

今日は兵庫県の標高三位の後山に来ました。
西大峰山千種行者講道場になっている行者コースから山頂に登り、大馬鹿門経由で下山したのですが、登山道はややこしいところが多く、雪彦山の一般道よりも難易度が高いです。

最終の駐車場は広いのですが、ここまでの道は普通車には道幅が狭く、落石だらけでした。 林道走行に慣れているつもりでしたが、「下に停めて歩くんだった。」と後悔しつつ進むしかありませんでした。
20190623-ushiro01.jpg

こんな不動様があちこちにあります。
20190623-ushiro02.jpg

20190623-ushiro04.jpg

廻り岩は写真右の岩を一周するようです。右側の足元が切れていました。
20190623-ushiro05.jpg

胎内くぐりは意外に狭くてザックの処理に苦労しました。上を登るとザックが通るのですが、抜けた後足場が少なくて。
20190623-ushiro06.jpg

これがびょうぶ岩だったかな。ロープはあるのですが、岩が苔でヌルヌルして何とも。
20190623-ushiro07.jpg

股のぞきはどうしてよいのかよく分からず。下を見ると切れ落ちて高度感はありました。
20190623-ushiro07a.jpg20190623-ushiro07a.jpg

沢筋の草付きの登りやトラバースが多く、足場が悪く、慣れていないと危険です。
急な登りにはこんな黒いロープが設置してありましたが、トラバース箇所には少なかったような。
20190623-ushiro08.jpg

格子岩の中には不動様が祭られていました。
20190623-ushiro09.jpg

最後の難関、大のぞき岩は荷物を置いて登った方が良かったですね。ロープはあるものの足場が遠くて滑るので下りが苦しい。
20190623-ushiro10.jpg

山頂では岡山側から登った4名グループと会ったのみ。今日も静かな山でした。
20190623-ushiro11.jpg

山頂から細い踏み跡を下って大馬鹿門へ。 山の北側は空気が冷たく茂った笹が露でびっしょり。 ズボンが濡れて寒さに震えました。
20190623-ushiro12.jpg

登山口(8:35)-後山(10:40-10:57)-大馬鹿門(11:14-11:27)-(12:09)登山口
活動時間:3:35
累積標高:799m




posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186182158

この記事へのトラックバック