2020年06月29日

雄鷹台を下見登山

山域: 兵庫県 雄鷹台山
日程: 2020/6/29
参加者:達雄

姫路市民登山大会で使うかもという事で、下見を兼ねて雄鷹台山。 せっかくなのでという事で、最高峰?の高山にも足を延ばしたので、歩行距離15kmになり、梅雨の合間の好天でぐったり疲れました。

今回は文献登山ガイド 兵庫県の山の案内通り、城跡の無料駐車場に車を置いて登山口まで歩きました。 登山口にも数台の駐車スペースがありましたが、満車でした。登山口からはいきなりの急な階段上りが始まります。
20200629-otaka01.jpg

尾根に上がると赤穂市や瀬戸内海が見渡せました。
20200629-otaka02.jpg

尾根上の登山道はよく整備されていて順調に進めました。
20200629-otaka03.jpg

雄鷹台山山頂に到着、平日にもかかわらず、10名くらいの方が休憩中。 ここから先で出会ったのは僅か三名だったので、皆さん折り返して下山されている様です。
20200629-otaka04.jpg

高山との間は防火帯が遊歩道として利用されているらしく、幅4〜5mある広い道でした。せっかく行った高山は山頂は電波塔が立ち、景色も楽しめない場所でした。 高山山頂までは車でも来れる様で、最後は車路を歩きました。下りは登山道を歩いたのですが、草が生い茂っていてお勧めできず、
20200629-otaka04a.jpg

高山から来た道を戻り、後山へ。 その後道は小さな起伏があるのですが、急斜面が崩壊してザレバ歩きになります。今回は下りに使いましたが、逆回りにして、ここは登った方が良いかもしれません。
20200629-otaka05.jpg

麓に下りた後は、山沿いの小道を歩き、登山口に着いてあとは往路を駐車場まで戻りました。

駐車場(9:23)-雄鷹台登山口(9:38-9:41)-雄鷹台山(10:03-10:07)-後山(10:21)-高山(10:48-10:56)-後山(11:27-11:30)-登山口(11:57)-雄鷹台登山口(12:34)-駐車場(12:50)

20200629-YAMAP.JPG

posted by 岩と雪 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187647516

この記事へのトラックバック