2018年04月21日

重荷にあえぎながら登った笈ケ岳

山域:石川県 笈ケ岳
日程:2018/4/21-22
参加者:達雄、陽子、仲川、井口、上村、上田、武田、稲田、尾国

山岳会メンバー9名で二百名山の一つ笈ヶ岳に登ってきました。 金曜日の深夜移動で寝不足な中、初日はスキー場駐車場からブナオ山経由で冬瓜山手前のなだらかな場所にテント設営し笈ヶ岳山頂を往復しました。 二日目は野猿公園に下り林道を歩きました。こちらは急坂ではあるものの、踏み跡もしっかりしていました。 今回私たち以外の一泊山行は1名のみ、日帰り登山者は二日間で40名程度でしょうか、アプローチの短い林道を歩き野猿公園経由のルートで日帰り往復していました。
重い荷物にあえぎながらも、白山の雄大な景色を眺め、気心の知れた仲間と過ごす時間は最高でした。

発電所送水管横の長く急な階段を登りきるとやぶ漕ぎの始まり。ブナオ山までの行程はきつかった。 
20180421-oizuru02.jpg

なだらかな場所でテント設営後、山頂往復。 身軽になったというもののここからも長かった。
20180421-oizuru03.jpg

ようやく着いた静かで展望の良い笈ケ岳山頂。 他に一人だけの登山者にお願いして記念撮影。
20180421-oizuru01.jpg

名も知らない山々を眺めながら下山開始。
20180421-oizuru04.jpg

テント場から夕陽に色づく白山を見ながらの最高のひと時。
20180421-oizuru06.jpg

テントを撤収し、さあこれから長い長い下りです。
20180421-oizuru11.jpg

見事なほどのカタクリの群生に足を休めながらの下山。
20180421-oizuru12.jpg

4/21 スキー場駐車場(5:15)-(7:55)ブナオ山-(10:40)幕営地(11:00)-(13:20)笈ヶ岳(13:45)-(15:35)幕営地
4/22 幕営地(6:15)-(8:20)野猿公園休憩小屋-(10:50)駐車場

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸

2016年10月10日

福井県の赤兎山まで紅葉見物

山名  :福井県 赤兎山・大長山
日程  :2016/10/10
参加者:達雄、陽子、優里、吉田、矢留

紅葉を求めて白山近郊の赤兎山に登りました。
シーズン真っ盛りという事で、早朝出発の日帰り登山では駐車場が満車になる可能性もあったため、前日午後に出発し、地元の東山憩いの森キャンプ場のバンガローで前泊し登山しました。 今年は異常気象紅葉も遅れているようでしたが、それでも赤兎山の避難小屋周辺は登山者でいっぱい、下山時には林道への路肩駐車も多数ありました。

小原峠から大長山に続く登山道も見ごろまでもう一息でした。
20161010-akausagi5.jpg

大長山山頂は静かで白山の眺めが良いところでした。
20161010-akausagi1.jpg

赤兎山に向かう途中で登山道整備のお手伝い、まだまだ元気です。
20161010-akausagi4.jpg

赤兎山を通り過ぎて避難小屋で昼食中。
20161010-akausagi6.jpg

赤兎山までの長い道を戻ります。この辺りはだいぶ色づいていましたが、シーズンはきれいなのでしょうね。
20161010-akausagi3.jpg

赤兎山山頂に戻ったころには人影まばらでした。ゆっくりと記念撮影できました。
20161010-akausagi2.jpg

小原登山口(7:39)-小原峠(8:14)-(9:58)大長山(10:34)-小原峠-赤兎山(12:22)-(12:48)避難小屋(13:21)-赤兎山(13:43)-小原峠(14:15)-(14:40)登山口

前泊の東山憩いの森キャンプ場はバンガロー一棟が3500円でした。静かな良いキャンプ場でしたよ。

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸

2015年11月29日

荒島岳で今年初めての雪を楽しむ

山名  :福井県 荒島岳
日程  :2015/11/29
参加者:達雄、陽子、上田

カドハラスキー場跡駐車場(6:05)-スキー場上の登山口(6:40)-シャクナゲ平(8:35)-(10:00)荒島岳(10:15)-(11:05)シャクナゲ平(11:20)-(11:40)小荒島岳(11:00)-シャクナゲ平(12:18)-(13:40)駐車場

前日夜移動し勝原駅に深夜到着。先客がテントを張って寝ている駅舎で仮眠し、翌朝カドハラスキー場跡の駐車場から荒島岳と小荒島岳を往復しました。
前夜までの雪で稜線は深いところで40-50cmの積雪。前荒島岳までは先頭を行きトレースを付けましたが、今年初めての雪山で足取りが重く、地元の単独の方に先頭を譲りました。
上田さんが初めての雪山だったため、トレーニングのためシャクナゲ平から荒島岳の往復をアイゼン、ピッケルで歩きましたが、この時期、アイゼン無し、ストックのほうが歩きやすいようです。

20151129-arashima1.jpg

小荒島岳山頂より
20151129-koarashima.jpg


posted by 岩と雪 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸

2014年11月23日

初冬の荒島岳

山名  :福井県 荒島岳
日程  :2014/11/23
参加者:達雄、陽子  (計2名)

11/22 高砂(20:40)=(24:30中出登山口
11/23 中出登山口(7:03)-林道終点(7:40)-(9:15)小荒島岳(9:30)-シャクナゲ平(9:55)-(11:00)荒島岳(11:33)-(12:14)シャクナゲ平(12:20)-(13:30)勝原登山口(13:38)-(13:50)勝原駅(14:45)=(JRで移動)= しもゆいの駅(14:50) - (15:35)中出登山口

雪山の足慣らしに初めての荒島岳を登って来ました。車中泊は寒く予定より1時間遅れの出発でした。 今日は勝原駅14:45発のJRに乗車できなければ無人駅での4時間待ちか、車道を延々と歩く厳しい選択がまっています。 歩き始めからピッチを上げてグングンと歩いた事と林道から一般登山道に入っても雪は無かったため、硬い冬靴に足をかじられます。 (事前情報手で積雪と凍結を確認し、アイゼン練習を兼ねてフル装備ですが、そこは北陸の山とはいえ低山) 
それにしても静かな山でした。途中の小荒島岳では白山などの絶景を二人占め。勝原からの登山道が合流するシャクナゲ平でようやく登山者と雪に出会いました。 この時期は色々なレベルの登山者が混在しています。 アイゼンを持っている人、いない人。 枯れ枝を杖に何とか下山している人。 中にはジョギングシューズで登山している人まで色々な人とすれ違いながらアイゼンが欲しくなる凍りついた急斜面を一気に登りきると荒島岳山頂です。 素晴らしい景色の山頂で昼食後、勝原駅まで一気に下山。 かわいい一両編成の列車に乗って車まで戻りました。

荒島岳山頂で
20141123-arashima1.jpg

「えっこれが」と思うくらいに何も無い小荒島岳山頂
20141123-koarashima1.jpg

かわいい一両編成の列車に乗って移動
20141123-arashima9.jpg
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸

2014年07月26日

灼熱と豪雨の白山

山名  :白山
日程  :2014/7/26-27
参加者:達雄、陽子

7/26 別当出合(10:15)-(10:47)中飯場(10:58)-(12:30)甚之助避難小屋(12:45)-(14:37)室堂ビジターセンター(15:10)-(15:50)御前峰-(御池めぐり)-(17:15)ビジターセンター
7/27 ビジターセンター(8:20)-(エコーライン)-(11:20)別当出合

 
少し寝坊してしまい自宅を朝5時出発しましたが、渋滞もなく中国・名神・北陸道経由で一ノ瀬に到着は9時20分頃。 既に駐車場は満車で手前の路肩に誘導されました。
26日は全国的に猛暑で勝山市も35度を超えたとの事でした。 吹き出す汗に悲鳴を上げながらも、翌日は雷雨の予報に、御前峰、御池めぐりを歩きぬきました。 
過去三回の白山登山は南竜泊でした。 今回はご来光を見たくて、直前の木曜日の電話で運良く室堂での宿泊予約ができました。 しかし、寒冷前線の通過で夜半から天気が崩れてしまい、ご来光登山はできず。 小屋の中で空を見ながら、家族で南竜にテントを張り大雨に降られた事を思い出しました。
昼からは回復する予報に小屋で粘りましたがいっこうに止まないので諦めて下山開始。 案の定渋滞に引っ掛かり進みません。 それでも時々追い抜きをかけながらエコーラインを経由で別当出合に11:20に着き、途中の展望風呂で汗を流して20時に帰宅。 帰路は20日に全線開通したばかりの舞鶴道経由で渋滞もなく快適、白山を土日だけで余裕をもって登山できました。

御前峰山頂で
20140726-hakusan1.jpg

御池めぐり
20140726-hakusan2.jpg

お花が多すぎて何が何だか
20140726-hakusanHana.jpg
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸

2014年06月08日

白山三ノ峰の自然に驚き

山名  :白山 三ノ峰
日程  :2014/6/7-8
参加者:達雄、陽子、太樹、美穂

6/7 自宅(11:00)-(17:25)上小池駐車場
6/8 駐車場(6:00)-登山口(6:15)-(7:30)六本檜(7:40)-(9:50)頂上避難小屋(10:10)-(10:15)三ノ峰(10:25)-(10:30)頂上避難小屋(11:05)-(12:30)六本檜(12:35)-(13:45)登山口-(14:15)苅込池(14:35)-(15:05)林道-(15:10)駐車場- 入浴、京都、大阪経由 - (23:50)自宅

長男長女を連れて白山三ノ峰に登って来ました。
下小池のキャンプ場にテント泊のつもりでしたが、シーズン前のためか進入禁止のロープに断念し、上小池の駐車場で前泊。 豊かな森に囲まれた駐車場は、カッコウやウグイス、ホトトギスなどの鳴き声にあふれた場所で、我が家だけの静かな夜を過ごす事ができました。(ホトトギスが飛びながら鳴く事や深夜2時にも鳴く事を初めて知りました。)
翌朝は他の登山者が来る前にテントを撤収し登山開始。空気は冷たいのですが、無風状態のため、汗だくになって6本檜に到着。お目当ての花は、イワカガミやキンポウゲなどが咲いているものの、少しだけ早かったようです。 代わりにブヨの大群のお出迎え、この時期は防蚊対策が必要なようです。
所々で咲いている花などの写真を撮りながら山頂到着。山頂避難小屋周辺でゆっくりとした後下山しました。 
下山後、初めて苅込池に向かいました。 想像以上に長く急な石の階段を登ると凄い世界が待っていました。 ブナの原生林に囲まれた池は騒音に包まれていました。 ここはモリアオガエルの聖地、数えきれないモリアオガエルとそのタマゴは一見の価値があります。

三ノ峰山頂で
20140608-sannomine1.jpg

避難小屋前で
20140608-sannomine2.jpg

三ノ峰の花
20140608-sannomine7.jpg

苅込池のモリアオガエル
20140608-sannomine3.jpg

カエルとタマゴ
20140608-sannomine6.jpg

ブヨの大群に顔をしかめる
20140608-sannomine5.jpg
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸

2007年05月27日

会社の仲間と横山岳

山名  :横山岳
日程  :2007/5/27(日)
参加者:山添、福島、嶋、吉田、加藤、殿下?、西本 (計7名)  

5/17 高砂()〜(9:00)駐車場(9:10)〜(12:25)横山岳〜(16:00)駐車場〜()高砂

花の名山を期待しましたが、時期が遅すぎたようです。

20070527-期待した花には遅すぎたようですが横山岳に上りました.JPG
タグ:会社
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸

2006年06月11日

三年ぶりの山行で白山 三ノ峰を登りました

山名  :白山 三ノ峰
日程  :2006/6/10(土) 〜11(日)
参加者:山添、菊本、福島、嶋、吉田、西本 (計6名)  

6/10 高砂(09:15)〜(17:00)駐車場
6/11 駐車場(6:30)〜三本檜〜三が峰避難小屋(9:45)〜三が峰〜避難小屋(10:45)〜(13:30)駐車場(13:50)〜(20:30)高砂

三年ぶりの山行でした。

20060610-天候には恵まれませんでしたが白山三が峰の山頂で.jpg
タグ:会社
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸

2001年06月17日

小3の末っ娘と山岳会の白山山行に参加

山名  :白山 三ノ峰
日程  :2001/6/16(土)〜17(日)  
参加者:西本(達雄、優里)、井上、田路、大石、水守、矢留、梅岡、井筒、酒居、吉田 (計11名)

16(土)駅南(18:00)〜(23:50)上小池キャンプ場
17(日)キャンプ場(6:20)〜(9:30)三ノ峰避難小屋〜(9:40)三ノ峰〜避難小屋(11:00)〜(13:00)キャンプ場〜(19:30)姫路
山岳会の山行に小3の末っ娘だけが付いて来ました。大人に混じっての登山はちょっと苦しいかと思いましたが、根をあげずついて来ました。 大人たちも小3娘に負けては大変とハッスル。予定よりも大幅に早く下山できました。三ノ峰は遠くに見える雪に覆われた別山とは対照的に高山植物の花が咲く静かできれいな山でした。

20010617-三ノ峰.jpg
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸

1998年07月28日

雨で断念した白山

山名  :白山
日程  :1998/7/26(金)〜28(日)
参加者:西本(達雄、陽子、太樹、美穂、優里)  (計5名)
 
雨で頂上には行けませんでしたが、子供たちは天気とは関係なく元気いっぱい。 家族全員の登山道具を揃えるのは大変ですが、雨具とTシャツだけは登山用の良いものを揃えています。 白山を下山後、能登半島をドライブして九頭竜から名古屋に抜けるキャンプ場視察ツアー。

19980726-白山.JPG
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸

1995年10月15日

南竜ヶ馬場経由で白山に登り紅葉見物

山名  :白山
日程  :1995/10/14(土)〜15(日)  
参加者:西本、江頭、吉田、水島  (計4名)

白山は三回目の挑戦でようやく山頂に立てました。
南竜ヶ馬場経由で紅葉見物です。

19951014-白山は三回目の山行で山頂に立てました.JPG


19951014-hakusan1.jpg
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸

1990年07月28日

長男を背負っての白山登山は挫折

山名  :白山
日程  :1990/7/25(木)〜28(日)
参加者:達雄、太樹 (計2名)

7/25 朝10時に家を出発。途中渋滞も有り、白山温泉に17時30分頃に着く(片道360km)
7/26 朝起きると大雨、8時に止んだ為、車で上方の駐車場へ8:30(金土日は通行止め)たいくんと荷物で約20Kgだが、体調良好。グイグイと登り、11時には南竜山荘に到着。途中、じんの助小屋手前よりどしゃ降り、かさをさして登った。 昼過ぎより雨も止み、小屋の前で遊んだ。夕方より太樹の状態不安定 こまったこまった。
7/27 朝7時出発 下山する。 途中、たいくんも自分で歩いたりのんびりしたが、9時には駐車場へ。行きの旅館の温泉につかって家に16時30分着
子供との始めての本格的な登山は長男が二歳のとき。 おしめも取れていない子供と二人の山行は南竜山荘での子供の夜泣きで挫折。 他の泊り客にご迷惑をおかけする苦い経験でした。

19900725-白山.JPG
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸