2015年08月22日

奥秩父の名渓から甲武信ヶ岳に登る

山名  :笛吹川水系・東沢・釜の沢〜甲武信ヶ岳
日程  :2015/8/21(夜)〜23
参加者:達雄、陽子、上田

8/21(金) 高砂=西沢渓谷入口(道の駅駐車場)
8/22(土) 駐車場(5:10)-(5:55)東沢入口-(7:35)山の神-(10:10)魚止めの滝-(11:20)両門の滝-(11:50)ビバーク地
8/23(日) ビバーク地(6:05)-(8:40)ポンプ小屋-(8:51)甲武信小屋(9:15)-(9:29)甲武信ヶ岳-(9:42)甲武信小屋(10:00)-(10:16)木賊山-(12:57)徳ちゃん新道入口-(13:31)駐車場=高砂

かねてより遡ってみたかった釜の沢に行ってきました。強力な助っ人運転手を確保して片道550Kmの運転も大丈夫。夜通し運転して予定通り西沢渓谷入口の道の駅に到着です。既に明るくなっていたため仮眠も無く出発。 トイレの事を考えてこの場所に駐車しましたが、渓谷入口の駐車場まで車を移動しても良かったかもしれません。
八月の週末の人気ルートにも関わらず、途中でしばらく三人パーティと一緒になっただけ、他の登山者と出会わない静かな沢登りができました。 ルートファインディングもすべて自力だったので初めての山域で土地勘がなかったこともあり、鶏冠谷出合付近から旧登山道に入るところで道を間違えました。 大きな目印に惑わされて鶏冠山に向かう登山道に入ってしまいましたが、実際には鶏冠谷出合を過ぎてしばらく歩いたところから左岸の旧登山道に入らなければいけませんでした。 この間違った踏み跡の明瞭さからすると鶏冠山にも結構な方が登山されているのでしょうか。
途中。危険な高巻きなどもありましたが沢登り二回目の上田さんも無事通過して山の神に到着、山の神は思ったよりも小さな祠でした。
ここから沢靴を履きました。 釜の沢出合までは沢登りと言うより乙女の沢、東のナメ沢、西のナメ沢と美しい滝を見ながらの河原歩きです。

美しい沢筋を魚止めの滝に向かって歩きます
20150822-fue01.jpg

20150822-fue03.jpg

自然のすべり台に到着、ここで無邪気に遊びました
20150822-fue05.jpg

千畳のナメは快適に登れるので思いのほか早く通過
20150822-fue04.jpg

ビバーク地には正午に到着、前日の寝不足もあり早々にビバーク決定
今夜は私たちだけかとも思いましたが、15時過ぎから続々と登山者が到着し、空いているスペースにテントやツェルトが並びました。 ビバーク地はこの場所のだけだと思っていましたが、溢れた方は少し沢を登った所の左岸にツェルトを張っていました。
20150822-fue06.jpg

早朝から雨が降り始めましたが、今日も一番に出発、途中で追い抜かれるかと思いましたが最後まで誰とも合わない静かな沢登りができました。 木賊(とくさ)沢の出会いから沢筋を登りましたが、左にトラバースするまでが思いのほか長く、荒れた沢筋に一旦戻ろうかとも思う位でした。 とりあえず上までと歩いているとようやく踏み跡を発見し甲武信小屋に到着しました。

山頂は思いのほか静かでした。
20150822-fue07.jpg

小屋から木賊山への登りが意外に曲者。 この山、地味ですが、甲武信ヶ岳と6mしか変わらない2469mもあり、最後のとどめを刺された感じ。 近丸新道から徳ちゃん新道に出るまでで既にクタクタになり、あとは惰性で歩いてようやく駐車場に到着しました。





posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父・多摩・南関東

2013年09月28日

丹沢で安全管理の勉強

山名  :丹沢山 寄周辺
日程  :2013/9/28-29
参加者:達雄

9/27 23:35姫路発のサンライズ瀬戸で出発。
9/28-29の二日間で、登山ガイドに必要な安全管理について学びました。

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父・多摩・南関東

2013年05月22日

丹沢でガイド養成講習会を受講

山名  :神奈川県 丹沢
日程  :2013/5/22-26
参加者:達雄

日本山岳ガイド協会主催の「自然・登山ガイドを目指す講習会」を受講しました。
講習会は、22-24日の三日間は山岳スポーツセンターで、25-26日は丹沢山中で実技でした。

20130522-登山ガイドを目指す講習会-2(スケジュール).jpg
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父・多摩・南関東

2012年05月26日

出張帰りの瑞牆山のついでの大菩薩嶺

山名  :大菩薩嶺
日程  :2012/5/26
参加者:西本

瑞牆山だけで帰るのはもったいない。 でも金峰山は二回登るほどの魅力はなかったし という事で大菩薩嶺に足を延ばしました。

瑞牆山荘駐車場(8:30)-(10:30)上日川峠駐車場(10:40)-福ちゃん荘(11:00)-(唐松尾根)-雷岩(11:35)-(11:45)大菩薩嶺山頂(11:50)-大菩薩峠(12:30)-福ちゃん荘(12:55)-(13:05)瑞牆山荘駐車場

多数の登山者であふれていました。 上日川峠まではマイカーの他に、タクシーや地元のマイクロバスがピストンしている様で、登山道は前に進めませんでした。
元々山頂からの景色は何も見えない山、アプローチだけでなく登山道も整備され、色あせた百名山の一つでしょうか。
山頂の標識に書いてある百名山の文字に、声が上がっていましたが、これを日本の山のベスト100とは思って欲しくない。

標識を背にした記念撮影の行列には並べませんでした
20120526-大菩薩嶺山頂.JPG

写真では今一つですが、大菩薩峠に向かう登山道の新緑は綺麗でした
20120526-大菩薩峠に続く登山道.JPG
タグ:百名山
posted by 岩と雪 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父・多摩・南関東

出張帰りの瑞牆山

山名  :瑞牆山
日程  :2012/5/26
参加者:西本

瑞牆山荘駐車場(4:50)-富士見平小屋(5:20)-天鳥川(5:45)-大ヤスリ岩(6:20)-(6:40)瑞牆山(7:00)-天鳥川(7:40)-富士見平小屋(8:00)-(8:20)瑞牆山荘駐車場

東京出張帰りにレンタカーを借りて登る計画。パートU。

八王子に24時間営業のレンタカー店があるのを発見し、週末の出張を利用して、昨年雨で断念した瑞牆山を登りました。 (八王子のレンタカーを借りて、双葉SAで仮眠、SAで朝食後登山口へ)

富士見平小屋から山頂までは、ただ一人北九州から来た男性と出会っただけで、静かな山だなあという感想でしたが、朝早かった為で下山時は多数の登山者が山頂目指していました。
北九州の男性は、私と同じように東京出張後の登山との事でした。

大ヤスリ岩・・・若い頃だったら山頂には行かず登り始めていたかも
20120526-瑞牆山 大ヤスリ岩.JPG

山頂からは富士山、南アルプス、中央アルプス、御嶽、八ヶ岳など素晴らしいパノラマでした
20120526-瑞牆山山頂で.JPG
タグ:百名山
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父・多摩・南関東

2011年08月27日

出張帰りの金峰山

山名  :金峰山
日程  :2011/8/26(土)〜27(日)
参加者:西本

ルート 瑞牆山荘から金峰山往復
タイム 8/26 瑞牆山荘駐車場に23時着
    8/27 駐車場(5:20)-富士見平小屋(6:01)-大日小屋(6:45)-大日岩(7:10)-砂払いの頭(8:00)-五丈岩(8:35)-(8:37)金峰山(8:45)-砂払いの頭(9:11)-大日岩(9:41)-大日小屋(9:58)-富士見平小屋(10:25)-(10:50)駐車場

東京出張の帰りに金峰山に登りました。
レンタカー店の閉店時間ギリギリの20時までJRで行けるところまで行きレンタカーを借りて移動する作戦です。
今回は八王子駅前でレンタカーを借り片道二時間で瑞牆山荘まで移動。 26日は中央本線が運転を見合わせるほどの豪雨でしたが、雨が上がることを期待してレンタカーで移動。 奥秩父の山は、東京出張時に手軽に上れることがわかりました。

20110827-金峰山.jpg
タグ:百名山
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父・多摩・南関東

2008年07月21日

職場の仲間とその家族で富士山に登ってきました

山名  :富士山
日程  :2008/7/19(土)〜21(月)
参加者:矢野家族(4)、井上家族(3)、中村、岡村、柳田、姫野、西本家族(達雄、陽子、優里) (計14名)  

職場の仲間とその家族 14名の団体で富士山に登ってきました。 7/19 五合目駐車場まで移動。 当初須走口の予定が、2Km以上下までの路肩駐車に嫌気がさし、マイカー規制の富士宮に移動、臨時駐車場には1:30着で仮眠し、7/20 朝一番のシャトルバスで移動し、6:50より登山開始。全員登頂しそのまま18:30下山しました。

20080720-職場の仲間と一緒に富士山を登りました.JPG
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父・多摩・南関東

1996年07月27日

小2の長男をつれて富士山

山名  :富士山
日程  :1996/7/26(金)〜28(日)  
参加者:西本(達雄、太樹)、宮崎(長男と)、矢野夫婦、井上(長男と)  (計8名)
 
7/26 15時に高砂出発、当日年休の取れなかった矢野を大津SAで待つ
7/27 13時過ぎに富士山登山口の駐車場につき15時仮眠。6時30分に出発。全員高度障害による頭痛に悩まされ、15時に山頂に着く。下山は7時過ぎ、暗くなってしまった。
7/28 朝6時過ぎに高砂着
職場の仲間と富士山登山。小2の長男は須走り登山口から日帰り往復の強行軍についてきました。

19960727-富士山.jpg
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父・多摩・南関東

1990年08月04日

東京出張帰りにちょっと富士山へ

山名  :富士山
日程  :1990/8/3(金 )〜4(土)
参加者:西本、松浦  (計2名)

8/3(金) 東京出張帰りにちょっと富士山へ 御殿場口 PM8:05〜頂上AM2:05(6Hr)の後、7合目の小屋2:35で一休み。 日の出を待って(4:30)砂走りより一気に下山AM5:30台風の為強風とガスがすごかった。 夜間で眠らず行動したため、寒さがこたえた。

土曜日の昼ごろに姫路に到着。 暑さで流れる汗と火山灰で顔は縦じま模様。

19900803-富士山を駆け下る.JPG
タグ:会社 百名山
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父・多摩・南関東

1984年05月05日

小川山にクライミングの腕試し

山名  :奥秩父 小川山
日程  :1984/5/1〜5
参加者:西本、江頭
概要 :フリークライミング

フリークライミングの腕試しに行ってきました。5月山行でこんな企画は岳友会始まって以来でしょう。
19840502-小川山にフリークライミングの武者修行.JPG

19840502-ogawa2.jpg
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父・多摩・南関東

1983年07月09日

長期出張中に四方津の岩場で腕試し

山名  :東京都 四方津の岩場
日程  :1983/7/9
参加者:西本
概要 :フリークライミング   東京出張中に腕試し
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父・多摩・南関東

1979年01月02日

富士山で雪上訓練

山名  :富士山
日程  :1978/12/29〜1/2
参加者 :上月、田路、井筒、坪井、西本

ニルギリに向けて、高所訓練のために来ました。 初めての富士山は麓から見るとすくそこに頂上が見えるのに、なかなか近づきません。 さすがに日本一の山。 頂上では雪のブロックを積み、上にツェルトをかけただけのビバーク練習。 夜中にツェルトが外れ、吹きさらしの中で寝ることになりました。 5合目で-20℃弱だったので頂上は-25℃以下でしょうか。 気圧が低いため何をするにも息苦しい。 翌朝はお鉢で雪上訓練をして下山。
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 秩父・多摩・南関東