2019年07月15日

北海道最後の山は雌阿寒岳

山域:北海道 雌阿寒岳・阿寒富士
日程:2019/7/15
参加者:達雄、太樹

前日に釧路湿原や硫黄岳観光で休養をとり、雌阿寒岳登山です。ここ数日悪天候が続きましたがようやく回復し青空が見えてきました。

雌阿寒温泉からアカエゾマツの原生林を登り、約2時間30分で雌阿寒岳山頂です。 山頂のお鉢の中はあちこちで水蒸気が噴き出していました。 ほとんどの登山者は直接オンネトーに下りていましたが、私たちは阿寒富士を登り下山。 オンネトー付近の自然林は素晴らしかったです。

アカエゾマツの急登で始まりました。
20190715-akan01.jpg

昨日までの雨も上がり登山日和、たくさんの登山者が登っていました。
20190715-akan02a.jpg

噴火口は迫力でした。
20190715-akan03.jpg

後方は雄阿寒岳ですが、雲が出てきましたね。
20190715-akan04.jpg

阿寒富士から雌阿寒岳を背に。
20190715-akan06.jpg

オンネトーの美しい水。何か見つけたのかな。
20190715-akan08.jpg

すばらしい原生林の中を歩きました。
20190715-akan09.jpg


雌阿寒温泉(5:52)-雌阿寒富士(7:35-7:42)-阿寒富士(8:27-8:42)-オンネトー登山口(10:05)-雌阿寒温泉(10:58)
活動時間 5:06
累積標高(登り/下り)   1,427m / 1,426m

今日の一番は、火山性の荒れた地面にしっかりと根を張るコマクサ。
20190715-akanf01.jpg
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

2019年07月13日

暴風雨の十勝岳

山域:北海道 十勝岳
日程:2019/7/13
参加者:達雄、太樹

旭岳の後、旭山動物園で体調回復し、二つ目の山は十勝岳です。当初は美瑛岳から十勝岳の縦走を予定していましたが、昨夜から天候は下り坂で、登山口の望岳台地下地岳往復に計画変更しました。 出発時は曇りの天気でしたが、雨雲レーダーで雨雲が近づいているのは分かっていました。歩き始めてすぐに降り出してカッパを着ての行動になりました。 どんどん雨脚が強くなり、強烈な風が雨をバチバチとカッパに打ち付けます。 やむを得ず、約1時間30分、避難小屋で小降りになるのを待ちました。雨雲レーダーではそろそろ雨が止むころですが、山の上には雲が残っているのでしょう。やみそうにないので出発。途中、強風に足を取られながら山頂にたどり着きました。
山頂のガスの中で記念撮影の後、すぐに下山開始、避難小屋に戻るころに、ようやく雨がやんできました。

十勝岳には不気味な雲がかかっていました。
20190713-tokachi01.jpg

強い風で雨がバチバチと打ち付けてきます。周囲は見えず、カメラも曇ってこのありさま。
20190713-tokachi03.jpg

このコースは火山の影響か、標高のわりにほとんど植物がありません。
20190713-tokachi02.jpg

山頂での写真を撮るのもおっくうになるような。
20190713-tokachi04.jpg


望岳台(6:02)-十勝岳避難小屋(7:10-8:41)-十勝岳(10:15-10:25)-十勝岳避難小屋(11:29-11:35)-望岳台(12:16)

活動時間 5:18
累積標高(登り/下り)  1,372m / 1,364m

登山道にはイハブクロの花が咲き乱れていました。
20190713-tokachif01.jpg
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道

2019年07月11日

大雪山系 黒岳・朝日岳を縦走

山域:北海道 黒岳・北鎮岳・朝日岳
日程:2019/7/11
参加者:達雄、太樹

体調面から断念したヨーロッパアルプスの代わりに、息子と二人で北海道の山旅に行く事になりました。 初めての北海道の山、その最初は大雪山系の黒岳から旭岳の縦走です。
登山口と下山口が異なるため、交通面からりんゆう観光のツァー登山に申し込んでいたのですが、参加者不足で中止となり、計画を練り直しました。 幸い、登山口の層雲峡温泉のホテル朝陽亭が札幌駅から出している無料送迎バスと旭岳温泉から旭川の路線バスを利用して当初予定通りの縦走ができました。

朝一番の6時のロープウェイはすぐにいっぱいになりました。他の登山者はロープウェイからリフトを乗り継いで七合目から登っていましたが、私たちは折角なのでリフトは使わず五合目から歩きました。途中残雪の上を歩いたり、花の写真を撮ったりしながら約1時間30分で黒岳に到着。 ここまで登ると朝日岳までの縦走路は、途中に登った北鎮岳と旭岳に登る最後の斜面以外はなだらかな稜線伝いの道でした。 朝日岳への登りは雪があり、最後は急なザレバとなっていて上から降りてくる登山者が落石を落としそうで要注意でした。

旭岳山頂ではどんどんと雲が沸いてきて、青空が出るのを待ちましたが断念して下山しました。
着替えや靴などをすべて背負っての行動だったので、少し疲れました。

北海道最初のピーク「黒岳」山頂で。
20190711-daisetsu01.jpg

穏やかな稜線を花やリスの歓迎を受けて歩きました。
20190711-daisetsu02.jpg

折角なので北鎮岳のピークを踏んで。
20190711-daisetsu03.jpg

暖傾斜の長い雪渓を登ると旭岳山頂です。
20190711-daisetsu05.jpg

どんどんガスが沸いてきて景色は今一つでしたが、北海道最高峰に到着。
20190711-daisetsu06.jpg

五合目(6:14)-黒岳(7:49-8:12)-黒岳石室-北鎮岳(9:55-10:08)-中岳(10:28-10:34)-間宮岳(11:07-11:16)-旭岳(12:10-12:55)-ロープウェイ乗り場(13:56)
活動時間 7:42
累積標高(登り/下り)  1,830m / 1,530m

たくさんの花を代表して、私の大好きなコザクラ(エゾコザクラ)
20190711-daisetsuf03.jpg

縦走路で人懐こそうなリストで会いました
20190711-daisetsu09.jpg

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道