2019年01月03日

今年の初登山は定例会の下見で七種山

山域:七種山
日程:2019/1/3
参加者:達雄、陽子、太樹

週末の姫路登山倶楽部定例山行の下見で、帰省中の長男と妻の三人で、七種槍から七種山の周回コースを歩きました。 空気は冷たかったものの、好天に汗ばむ陽気でした。 日曜日の天気は曇りで寒そうですが、心配していた雪も消えて、山頂付近にちらほら残っている程度でした。 予定通り実施できそうで一安心です。


20190103-nagusa01.jpg


20190103-nagusa02.jpg


20190103-nagusa03.jpg


20190103-nagusa04.jpg


posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2018年12月16日

雪彦山遭難救助訓練

域:雪彦山
日程:2018/12/16
参加者:達雄、陽子、田路、吉田、小谷、赤木、金澤、仲川、上田、武田、北山、山口、阿部、稲田
   岳友会14名、他山岳会19名、岳連2名

今日は雪彦山遭難対策協議会の救助訓練。
登山道でザック担架に乗せた要救を梱包して1/3で引き上げる練習と、村の公民館でAEDを使った心肺蘇生法の練習をして終了しました。
例年は9月末に実施するのですが台風で延期になり、この時期になりましたが、寒くて体調が。 もうすぐ三連休、風邪をひかないようにしないと。

20181216-seppikoi1.jpg

20181216-seppikoi2.jpg

20181216-seppikoi3.jpg
posted by 岩と雪 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(雪彦山)

2018年12月15日

雪彦山清掃登山

域:雪彦山
日程:2018/12/15
参加者:達雄、陽子、田路、小谷

今日は雪彦山の清掃登山。この活動を始めた数十年前は弁当箱なとゴミだらけでしたが、最近はほとんど有りません。今日も4人でスーパーのナイロン袋1つで収まる量でした。登山者のモラルが上がったのか、きれいだと捨てにくいのか。いずれにしても嬉しい事です。
話は変わりますが、今日の雪彦山は山頂の北側、下山道は雪が残って非常に滑りやすい状態でした。

20181215-seppiko1.jpg
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(雪彦山)

2018年12月09日

雪化粧の明神山を登る

域:明神山
日程:2018/12/9
参加者:達雄、陽子、田島、北川

今年一番の寒気に覆われて、小雪が舞う中、姫路登山倶楽部 第一回目の定例山行 明神山に登りました。
山頂に設置された気温計が−2℃を示す寒さでしたが、うっすらと雪化粧をした木々が歓迎してくれ、美しい景色に参加者の皆さんも喜ばれていました。

今回はCコースから登り、Aコースを下山する周回コースを歩きました。
岩場が多く変化にとんだコースで楽しいですよ。

20181209-myojin01.jpg

20181209-myojin02.jpg

山頂で記念撮影。北部方面は真っ白でした。
20181209-myojin03.jpg

雪化粧した木々がきれいでした。
20181209-myojin04.jpg

下山後、瀧の観音様を見学して解散しました。
20181209-myojin05.jpg

登山開始(9:07)-(10:58)山頂(11:50)-(14:15)終了

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2018年11月23日

早月尾根から初冬の剱岳登頂

域:劔岳 早月尾根
日程:2018/11/23-25
参加者:達雄、後藤、吉田、上田、仲川、阿部

雪の剱岳に早月尾根から登りました。
直前の21日から今季一番の寒気が入り、22日の移動中も車のフロントガラスに大量のミゾレが打ち付けるなど、日本海側は大荒れでした。 念のため明るくなるまで近くのSAで朝を迎えて向かった馬場島は一面の雪景色でした。
20Kg近くある重いザックを背負い、忍耐の登り。早月小屋のテント場に着いた時には日が沈みかけていました。仲川さんが用意してくれた鍋を囲み、明日の登山成功を祈ってスパークリングワインで祝杯を上げて就寝しました。

馬場島は雪景色
20181123-haya01.jpg

新雪がきれいな早月尾根
20181123-haya02.jpg

小屋が見えてからが遠い
20181123-haya03.jpg

翌朝は信じられないくらいの快晴でした。 ヤマテンでは二日間で60cmの新雪の予報でしたが、実際にそれくらい積もったようです。 先行して出発した三人パーティがラッセルに苦労しています。 しばらくして出発した私たちも追いついて先頭に出てラッセルしましたが急斜面でストックが半分近く刺さる新雪に苦労しました。
上部の岩場は雪が積もっているものの中途半端に岩が出ているいやらしい状態。幸いなことに上部核心部のクサリは露出していたのでクサリで安全確保して慎重に登りました。

やがて、別山尾根との分岐標識が現れ、屋根の一部が出た山頂の祠につきました。 山頂で周囲の景色を堪能し記念撮影をして下山開始。 50mロープいっぱいの懸垂を二回したのち、来た道をトレースしました。 テント着は4時で、もう少しすると日が沈むところでした。

20181124-haya01.jpg

20181124-haya02.jpg

20181124-haya03.jpg

20181124-haya04.jpg

山頂の祠は殆ど埋まっていました
20181124-haya05.jpg

20181124-haya06.jpg

さあ下山
20181124-haya07.jpg

50mの懸垂下降を二回
20181124-haya07a.jpg


20181124-haya08.jpg

20181124-haya09.jpg

20181124-haya10.jpg

ようやくテント着
20181124-haya11.jpg

テントで鍋を囲んで祝宴を上げ就寝。 翌朝は再び重荷を背負い、ひたすら足を動かして馬場島に戻りました。

テント場近くの高台から
20181125-haya01.jpg

馬場島に到着
20181125-haya02.jpg

11/23 馬場島(9:00)-(16:38)早月小屋テント場
11/24 テント場(6:43)-(11:49)剱岳(12:18)-(16:05)テント場
11/25 テント場(7:28)-(11:04)馬場島



posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北アルプス

2018年11月18日

納山祭の翌日加西アルプスを歩きました

域:加西アルプス 善防山・笠松山
日程:2018/11/18
参加者:達雄、陽子、宮崎、井上、武田、稲田、北山、阿部

恒例の納山祭の翌日、暖かい日だまりの中、加西アルプスを歩きました。

20181118-zenbou2.jpg

20181118-zenbou.jpg

駐車場(10:50)-大手門登山口(11:06)-(11:28)善防山(11:43)-(12:17)笠松山(13:03)-(13:16)駐車場


posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2018年11月11日

姫路市民登山大会で三草山を登る

域:三草山
日程:2018/11/11
参加者:達雄、一般参加者34名、サポート10名

姫路市民登山大会で三草山を登りました。
姫路駅南を8:集合、9時に昭和池近くの国道で下車し、湖畔を歩き鹿野ルートから山頂へ。
昼休憩の後、畑コースから下山し、国宝 朝光寺まで歩いてお寺の見学後にバスに乗車し姫路駅で解散しました。

絶好の登山日和の中、脱落者もなく参加者の皆さん喜ばれていました。

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2018年11月04日

姫路市民登山大会の下見で三草山を二回登る

域:三草山
日程:2018/11/4
参加者:達雄

来週11/11に開催の姫路市民登山大会の下見に三草山を登りました。
畑登山口に車を停め、畑コースから登頂後、三草コースで昭和池登山口に下山。
そこから鹿野コース経由で再び三草山に登り畑コースから下山しました。

当日予定しているコースだけでなく周辺コースも歩くことで頭の中に山の概念図が出来上がりました。
写真は二回目の山頂で撮りましたが、ハイペースで歩いたので、かなり疲れた顔をしていますね。

20181104-mikusa01.jpg
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2018年10月31日

今シーズン三回目のアイゼン練習

域:雪彦山
日程:2018/10/31
参加者:達雄、後藤、中部

今シーズン三回目のアイゼン練習をしました。
20181031-seppiko2.jpg

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(雪彦山)

2018年10月28日

兵庫県山岳連盟70周年記念登山

域:氷ノ山
日程:2018/10/28
参加者:達雄、田路、吉田、矢留、小谷、金澤、井口、仲川、上田、上村、稲田、寺本
    岳友会12名、他58名 計70名

兵庫岳連の70周年記念行事で氷ノ山に登りました。神戸支部33名、はりま支部27名、計70名の団体登山で、すれ違いや追い越し渋滞を心配しましたが、氷ノ山登山大会の一週間後という日程のためか一般登山者は少なかったようです。
20181028-hyonosen01.jpg

20181028-hyonosen02.jpg

20181028-hyonosen03.jpg

20181028-gaku70-2.jpg
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(氷ノ山)

2018年10月23日

雪彦山の沢でアイゼン訓練

域:雪彦山 沢でアイゼン訓練
日程:2018/10/7
参加者:達雄、仲川、稲田

2日連続で雪彦山です。 今日は会のメンバー2名と今シーズン2回目のアイゼン練習です。 だいぶ感覚を取り戻し、アイゼンを付けてのボルダリングなども楽しみました。
20181023-seppiko1.jpg
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(雪彦山)

2018年10月22日

地蔵岳東稜で中部さんとの初クライミング

域:雪彦山 地蔵岳東稜
日程:2018/10/22
参加者:達雄、中部

毎日日曜の身で今までは同行できなかった平日しか休みが無いメンバーと山行ができます。

20181022-seppiko1.jpg
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(雪彦山)

2018年10月21日

明神山を徹底調査

域:明神山
日程:2018/10/21
参加者:達雄、陽子

明神山を徹底的に歩いてきました。
夢やかた駐車場に車を置き、Cコースから山頂に立ち、Aコースから下山。
その後、瀧の観音様を拝み、再度Bコースから登り、馬なのに馬谷(もうだに)コースから河鹿の里に下山し、夢やかたまで歩いたのですが。
馬谷コースのは入り口がわかりにくく苦労しました。今年の豪雨で入り口のテープは落ちてしまい、登山道もほとんど踏み跡が消えていたためです。何度も行ったり来たりを繰り返し、ようやくそれらしい踏み跡を見つけました。 さらに河鹿の里から夢やかたに戻る道も林道から明神峠に上がる道は度重なる豪雨と台風で消えていてわかりませんでした。この辺りと信じて急斜面を強行突破してようやく峠に到着。一時は河鹿の里から道路を歩きタクシーを呼んでと考えていました。

20181021-myoujin01.jpg

20181021-myoujin02.jpg

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2018年10月14日

冬山に向けてアイゼン練習開始

域:雪彦山 沢でアイゼン練習
日程:2018/10/14
参加者:達雄、陽子、田路、金澤、井上、阿部

20181014-seppiko1.jpg
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(雪彦山)

2018年10月12日

久しぶりに大山地獄谷を歩きました

域:大山 地獄谷
日程:2018/10/12-13
参加者:達雄、稲田

大山は先日の台風で、北壁に降った雨で大山寺では参道は川のようになり、家の床下に流れ込むなどかつて無い豪雨だったとの事。
環状道路は流出した土砂で埋まり、道路にも亀裂が入ったとの事で復旧工事のため、通行止めになっていました。(今日から開通しています)

当初計画では三ノ沢から剣が峰の予定でしたが、登山口に行けないため、計画書第二案の地獄谷に行きました。

地獄谷もかなり荒れていて、水量は過去に登った際より多く、登山靴でひざ上までつかるところもありました。
もう登山道というより沢登りルートと考えて行った方が良いです。

昨夜は地獄谷の途中の駒鳥小屋に泊まり、稲田さんと鍋で酒宴。
今日は振り子沢から宝珠尾根経由で下山しました。

大山好きが集まる大山寺の宿 寿庵に寄って話を聞きましたが、今年は剣ヶ峰や地獄谷に行ったという話を聞かない、台風により登山道がどのようになったかも不明との事でした。

昨日も今日も大山の六合目から上は雲に覆われ、風も強く、小雨もありましたから、通行止めで剣が峰に行けなかったのは良かったかも知れません。

20181012-daisen01.jpg

大好きな駒鳥小屋前で。
20181012-daisen02.jpg

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中四国(大山)

2018年10月08日

剱岳早月尾根を下見登山

域:北アルプス 剱岳
日程:2018/10/8PM-10
参加者:達雄

11月末の連休を利用して計画中の早月尾根の下見に行ってきました。
悪天続きの今シーズンで機会を逃していました。
今週末には3000mの稜線は雪の予報に最後のチャンスと、気ままな無職生活の私一人で下見に行きました。
6月の東北放浪の旅以降、富山が近く感じてしまいます。
8日の午後から一人で運転し馬場島で仮眠、剱岳往復し早月小屋で一泊後下山して、また自宅まで運転し夜は会の例会に参加するという超人的な活動でした。

この早月尾根、クサリ場等の難易度は別山尾根より優しそうですが、池の谷側の長いトラバースや簡単に雪に埋まりそうなクサリなど、11月末はかなり厳しそうですね。

10/9 馬場島(5:20)-(9:40)早月小屋(10:00)-(12:40)剱岳(13:00)-(15:00)早月小屋
10/10 早月小屋(5:25)-(8:00)馬場島

小屋は閉まり、他のテントもなく、一人で過ごしました。
行動着+モンベル二番のシュラフでは寒くて夜中に目が覚めました。
20181009-tsurugi01.jpg

山頂も一人ぼっちで自撮りです。
20181009-tsurugi03.jpg

テント場からのパノラマ撮影。
20181009-tsurugi04.jpg


posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北アルプス

2018年10月07日

弟夫婦と地蔵岳東稜クライミング

域:雪彦山 地蔵岳東稜
日程:2018/10/7
参加者:達雄、陽子、弟夫婦

陽子の弟夫婦を案内して四人で雪彦山地蔵岳東稜ルートを登りました。
台風の影響を心配しましたが、天気が回復し、他のクライマーは二名だという静かな環境で初めての本格的なクライミングを満喫してもらいました。

20181007-seppiko1.jpg
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(雪彦山)

2018年09月17日

久しぶりの雪彦山

域:雪彦山 地蔵岳東稜
日程:2018/9/17
参加者:達雄、陽子

猛暑が続いたため、しばらく近づけなかった雪彦山に行ってきました。
地区の掃除があったので、地蔵岳東稜だけで終わりましたが、四ヶ月ぶりのクライミングてせ楽しかったです。
1P目ビレイ点で先行パーティ 2人×2パーティに追いつきました。
島根の山岳会の方々で、今日はスズメバチが多いですねとの事。
ビレイをしているとスズメバチが集まってきて、5・6匹のハチが頭の周りをぶんぶんと回り、ビレイどころではない。
石のようにじっと息をひそめているとどこかに行き、しばらくするとまたぶんぶん。
こんなにスズメバチに囲まれたのは初めてでした。

不行岳1P目のフェースの右側に大きな巣があります。直線距離にすると100mもありません。
幸い小雨が降ってきて、蜂の活動も少し収まったのか、数が減ってきました。

先行パーティは3P、4Pを50mのロープで一気に登っていました。ロープは重かったようですが、届くんですね。


20180917-seppiko1.jpg

20180917-seppiko2.jpg

最終P取り付きのコルで話をしていると先行パーティの一人は以前に一般道を案内したIさんでした。
あの時は登山初心者でクライミングでリードをするなんて想像もできなかったので、声を掛けられるまで気づきませんでした。
20180917-seppiko3.jpg


続きを読む
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(雪彦山)

2018年09月02日

姫路市民登山教室で高御位山を歩く

域:高御位山
日程:2018/9/2
参加者:達雄、陽子 他

姫路市民登山教室の最終回で高御位山に登りました。
炎天下で、ゆっくりペース、頻繁に休憩し、脱落者なく予定通り歩くことができました。

20180902-takamikura.jpg

8:00集合−鹿島神社裏から高御位山に登頂後、長尾に下山し14:00に鹿島神社に戻る。
受講生21名、講師・サポーター15名、計36名の参加者を四班に分けて行動しました。
続きを読む
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(高御位山)

2018年08月27日

稀にみる悪天の中、娘と二人で黒部の山々を歩きました

域:北アルプス 黒部五郎岳、鷲羽岳、水晶岳、雲の平周回
日程:2018/8/27~31
参加者:達雄、優里

娘と二人で黒部の山々を歩きました。
初日は移動日、立山で食事と入浴の後、折立に入り車中泊。計画ではテント泊でしたが、天気予防が豪雨予報に変わったため車中泊としました。
2日目は朝から雨でカッパを着ての行動です。7時に出発して、雨のため休憩もほどほどにひたすら歩いてので、10時には太郎小屋についてしまいました。 悪天のためキャンセルが多かったようで、個室に入れてもらえたので、父娘でのんびりと過ごしました。
3日目は5時に小屋を出ました。 太郎山、北の股岳、黒部五郎岳と順調に進み黒部五郎小舎で昼食をとり、三俣蓮華岳も登って、三俣山荘に2時前に到着しました。途中雨に降られ、景色も今一つでしたが、早く到着できたので山荘の展望喫茶で娘とケーキセットを頼み、のんびりした時間を過ごしました。 
黒部五郎岳で、親知らずからの大縦走をしている若者に会いました。親知らずから三俣山荘経由で読売新道を北に戻り劔・立山・薬師と歩いてきたとのこと、この後、双六に行き、笠を往復して槍・穂の縦走をして上高地に下山との事。元気な奴がいるものです。
20180829-kurobe00.jpg

20180829-kurobe01.jpg

20180829-kurobe01a.jpg


4日目も5時出発。雨にはあいませんでしたが次から次にガスが沸いてきて景色は今一つの天気の中、鷲羽岳、ワリモ岳、水晶岳、祖父岳を登って雲の平山荘に11時30分着、着くと同時にザーと音と立てて大雨が降り始めました。山荘で手挽きのおいしいコーヒーを飲みのんびりとした時間を過ごしました。ちなみにこの日の宿泊客は4人、一緒に夕食の石狩鍋を食べ、ビールを飲み、スライドショーや映画を見て就寝しました。
20180829-kurobe02.jpg

20180829-kurobe02a.jpg

20180829-kurobe03.jpg

20180829-kurobe06.jpg

20180829-kurobe04.jpg

5日目は2時ごろに目が覚めると雨が小舎の屋根を激しく打ち、稲光が立て続けに起こる最悪の天気でした。 今日は行動不能かもしれないな、などと考えながら朝を待ちました。 幸い明るくなるころに雷が収まり、雨も小降りになりました。娘と二人で怒涛の歩きで薬師沢小屋、太郎平小屋を通過し、11時30分に折立の駐車場に着きました。

こんなかわいいライチョウと出会いました。
20180827-RAICHO1.jpg

20180827-RAICHO2.jpg
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北アルプス