2019年02月22日

霧ヶ峰雪無しハイキング

山名  :長野県 霧ヶ峰
日程  :2019/2/22
参加者:達雄、優里

娘との二人旅二日目、何時間寝たでしょうか、君待荘で朝食後、肩の小屋登山口に移動。
ほとんど雪はなく、茶色い笹の葉で覆われた霧ケ峰高原、登山道だけに雪が残って白い帯になっています。
昨日と同様にスノーシューは車に残し、時につるつるに凍った登山道を慎重に登りました。

車山山頂で記念撮影、61歳誕生日の山です。 娘がザックの中から取り出したのはHappy Birthdayのメガネ、帽子、そして長さ2mほどの飾り。 ごそごそしているとスキーの方が冬目にこちらを見ています。 少し恥ずかしかったですが、写真を撮ってもらいました。

その後、カチカチに凍ったスキー場をアイゼンをつけており、蝶々深山方面から周回して、約三時間のハイキングで車に戻りました。

車山の肩からの登山道はカチカチの雪が残っていました。
20190222-kiri05.jpg

昨日登った蓼科山や八ヶ岳は雪が無く黒々としています。
20190222-kiri04.jpg

山頂で誕生日パーティ。
20190222-kiri02.jpg

山頂神社にお参り。
20190222-kiri03.jpg

蝶々深山周辺も雪がありません。
20190222-kiri01.jpg

蝶々深山山頂です。季節がわからなくなりますね。
20190222-kiri06.jpg

車山の肩(9:15)-(9:50)車山(10:15)-(11:00)蝶々深山(11:10)-沢渡-(12:20)車山の肩




posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 八ヶ岳

2019年02月21日

春のような蓼科山を娘と登山

山名  :長野県 蓼科山
日程  :2019/2/21
参加者:達雄、優里

昨年の北八ヶ岳に続き、今年も娘をつけて蓼科山と霧ヶ峰を登りに来ました。
前夜発で諏訪湖SAで仮眠し、朝食をとって登山口のすずらん峠まで入りました。
ビーナスラインにはほとんど雪はなく、乾いたアスファルト道でノーマルタイヤでも問題なさそうな状態でした。

すずらん峠の駐車場には五台程度の車が停車、平日で登山者は少なそうです。
一月に登った南八ヶ岳から霧ヶ峰にはほとんど積雪がなく、スキー場のみで白くなっている景色に驚きましたが、この時期になっても同じでした。 おそらく兵庫県中部の峰山高原辺りよりも積雪が少ないでしょう。 スノーシューは車において登山開始。
登山道にはほとんど雪はなく、ところどころに残るカチカチの雪がややこしい。 2000m手前でアイゼンを装着しました。

前回2013年に妻と二人で登った際は、天気は良かったものの、厳冬期特有の強い風が吹き荒れていましたが、今回は積雪量だけでなく快晴、無風で、まるで残雪期の山に登っているようでした。 何人かの登山者と出会いましたが、チェーンアイゼンや6本爪をつけている方もいました。 登山時は歩きやすそうだなと思いましたが、下山の時は雪が切れて大変そうでしたよ。

天気も良いので、山頂ではたっぷりと時間をとって休憩しました。 シートを広げてピクニック気分、SAで買った牛乳パンにかぶりつき、コーヒーを飲み、昨日登った蓼科山、その後方には八ヶ岳連邦、南アルプス、中央アルプス、そして北アルプスと山々が望めます。 おそらくあれは火打ち。妙高、そして浅間山が見えました。 浅間山は今年スキーで行こうと考えていましたが、黒ぐろとしてちてもスキーができる状態ではありませんでした。

休憩後、往路を下山、登り時よりも更に雪が融けているような。 今夜は白樺湖畔の君待荘に宿泊予定ですが、チェックインは3時から。 時間があったので、明日登山予定の霧ヶ峰の車山肩まで行き、スノーシュー散策は無理なことなどを下見したあとピラタスのロープウェイ乗り場まで戻って娘の蓼科山登山バッチなどお土産購入。 因みに、スノーシューレンタルは雪がないためか締まっていました。

君待荘では、誕生日を迎える私に夕食時にオーナーからワインのプレゼント。 長距離運転と登山の疲れもあり、部屋に戻って横になると同時に爆睡しました。

登山口は焼きが少ないためササが出ています。
20190221-tateshina01.jpg

登るに連れて霧氷がきれいでした。
20190221-tateshina07.jpg

山頂でツーショット
20190221-tateshina03.jpg

鳥居の辺りは無風状態
20190221-tateshina04.jpg

行動食は大好きな牛乳パンです
20190221-tateshina05.jpg

明日予定しはている霧ヶ峰はほとんど雪がありません。白くなっているところはスキー場の人工雪です。
20190221-tateshina06.jpg

駐車場(7:50)-(10:25)蓼科山(11:15)-(12:50)駐車場
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 八ヶ岳

2019年02月14日

和気アルプスを下見登山

域:岡山県 和気アルプス
日程:2019/2/14
参加者:達雄、陽子

登山倶楽部定例山行の候補で、岡山の和気アルプスを下見して来ました。岩場も有って楽しめそうですね。

20190214-wake01.jpg

公民館(9:17)-和気富士-竜王山- 神ノ上山(12:11)- 一旦山の学校に降りてチンネスラブルートを登り下山-(13:50)公民館
移動距離 11.5km、累積標高 1,340m

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中四国

2019年02月10日

岳連の雪山ハイクのサポートで峰山高原を歩く

域:峰山高原
日程:2019/2/10
参加者:達雄、吉田、北山、寺本、岳連の方39名

兵庫県山岳連盟の雪山ハイクのお手伝いで峰山高原に行きました。暁晴山までトレースをつけた後、参加者と別れてノルウェーの森を散策して来ました。例年に比べ雪が少ないものの、スノーシュー散策にはよい場所ですね。
話は変わりますが、スキー場にすごい数のお客さんが押し寄せています。朝から駐車場がいっぱいになり、帰りの時間帯は午後からの車が行列で駐車場待ち、路肩に止まった車で道路は一車線になり、収拾がつきません。休日に来る場合は朝一番にしないと。

凄い人数です。
20180210-mine01.jpg

ノルウェーの森方面の新雪で遊びました。
20180210-mine02.jpg

登山口(10:21)-暁晴山(11:35)-ノルウェーの森散策-(14:11)登山口
移動距離 6.2km、累積標高差 635m
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2019年02月06日

ガイド協会研修で烏ヶ山

域:烏ヶ山
日程:2019/2/6-7
参加者:達雄、他9名

関西山岳ガイド協会の研修に参加し、大山山系の烏ヶ山に登ってきました。雪崩への注意や、雪稜でのタイトロープでの行動、支点構築などを勉強しました。 例年より積雪が少なく、数年前にスキーで滑り降りた象山は地肌が見えていましたが、それでも烏ヶ山山頂に続く雪稜は十分に楽しめ、他のガイドとの交流、情報交換もできました。

尾根上でテント設営して焼肉パーティ
20190206-kara03.png

翌朝はヘッドライトで行動開始
20190206-kara01.png

大山南壁が迫力でした。
20190206-kara02.png

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中四国(大山)

2019年02月03日

新龍アルプス

域:新龍アルプス
日程:2019/2/3
参加者:達雄、陽子、田島、北川、清水、中原

第三回姫路登山倶楽部定例山行で新龍アルプスを歩きました。

今回こそ好天をと期待したのですが、播磨新宮では肌寒い曇り空、コースの後半では、予報より早く雨が降り始めて、カッパを着ての行動になりました。
それでも、参加者の皆さん、コースタイム通りの時間で歩き、下山後は龍野の古い町並みを満喫して終了しました。
参加者の皆様、毎回の悪天、お疲れ様でした。 次回こそは晴天を呼びましょう。

登山口手前にある 越部八幡神社で、古い絵を見て、力石に挑戦してみたり、
20190203-sinryu01.jpg
何の説明もない古墳を楽しみ、
20190203-sinryu02.jpg
亀池近くにひっそりと建っている、井関三神社の旧宮跡に参拝したり、
後ろの岩がご神体でしょうか。
20190203-sinryu03.jpg
亀池から南はこんな道をカッパを着て歩きました。
20190203-sinryu04.jpg

播磨新宮駅(8:59)-亀山(12:13)-的場山(12:40)-(竜野市街散策)-(15:44)本龍野駅
移動距離 14.1lm、累積標高 839m

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2019年02月02日

岳連雪山ハイクの下見で峰山高原を歩きました

域:峰山高原
日程:2019/2/1
参加者:達雄、陽子

数年前にスキー場ができて登山道がゲレンデを横切っています。
40人もの登山者が壺足で歩くわけにはいかないのでスキー練習の合間に事前調査です。

当日もこんな天気になればよいですが。
20190202-mine01.jpg

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2019年01月26日

新龍アルプスを下見登山

域:新龍アルプス
日程:2019/1/26
参加者:達雄、陽子、優里

登山倶楽部定例山行の下見で新龍アルプスを歩いてきました。

古墳で始まり
20190126-sin02.jpg

亀岩の大きさに驚き
20190126-sin01.jpg

竜野城で終わる
20190126-sin03.jpg

新宮駅(8:54)-亀山(11:14)-的場山(12:46)-鶏龍山(13:28)-(14:16)本龍野駅
移動距離 13.1km、累積標高1,268m

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2019年01月25日

小野アルプスを下見登山

域:小野アルプス
日程:2019/1/25
参加者:達雄

登山倶楽部定例山行の下見で小野アルプスを歩いてきました。
身近でも行く機会のない山だったので、ユピカを起点に岩山まで縦走して鴨池から別ルートで紅山。 今度は紅山の岩場を下ってユピカまで戻り、徹底的に調査しました。

有名な紅山の岩場では腰が引けてなかなか進めない老夫婦がいました。
201901254-beniyama1.jpg

横から見てもそこそこの傾斜です。
201901254-beniyama2.jpg

ユピカ(10:04)-高山-前山-愛宕山-安場山-総山-アンテナ山-惣山(小野富士) -紅山- 西紅山- 岩山-宮山- 南野山-紅山-安場山-愛宕山-前山-高山-(14:45)ユピカ
移動距離 15km、累積標高 1,772m

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2019年01月22日

加西アルプスを歩く

域:加西アルプス 笠松・善防山
日程:2019/1/22
参加者:達雄、田島

田島さんと二人、コンパスと地図の使い方を勉強しながら、加西アルプスを歩きました。
朝方は日が差していたものの、雲で太陽が隠れ、尾根上は風も強くて思ったより寒さが堪えました。

20190122-kasai01.jpg

20190122-kasai02.jpg

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2019年01月19日

はりま支部雪山入門で初めて雪の烏ヶ山に登る

域:烏ヶ山
日程:2019/1/19
参加者:達雄、陽子、吉田、戸田、上田、井口。武田、稲田

今年のはりま支部雪山入門初日は烏ヶ山に登りました。
休暇村ホテル裏側から林の中を新小屋峠に出て、稜線上を歩くコース。
例年に比べ明らかに少ない雪。スキーヤーが登ってきたのは良いけれど、どうやって降りようと頭を悩ませていました。
山頂の100m位手前が急な雪の斜面でスノーシューで手こずりましたが全員突破し、そこでアイゼンに履き替えて山頂往復しました。

下山後大山寺の駐車場横にテントを張りましたが、深夜から雨が降り出し、翌日のはりま支部合同での弥山登山は中止して帰宅しました。

20190119-karasu01.jpg

20190119-karasu02.jpg

2735-IMGP6163_1.jpg

2736-IMGP6178_1.jpg

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中四国(大山)

2019年01月12日

南八ヶ岳南部を縦走

域:八ヶ岳
日程:2019/1/12-14
参加者:達雄、陽子、上田、仲川、武田、稲田

南八ヶ岳の南部、編笠山~権現岳~赤岳を縦走しました。
ここは若手メンバー育成のために行きたかったコースの一つです。
小淵沢の道の駅に車を停め登山口まで徒歩一時間。 前方に見える編笠山にはほとんど雪が無く、融雪ができないのではと心配をするほどでした。 幸い青年小屋のテント場には20cmくらいの積雪があり、一安心。 真っ暗な冬季小屋は使わずテント設営して、編笠山を往復しました。
20190112-yatsu01.jpg

20190112-yatsu02.jpg

翌朝は日が昇る前に出発。 権現岳の手前で日が昇り日の出を見逃しましたが、山頂からは阿弥陀岳・赤岳など八ヶ岳、そして富士山、北・中央・南アルプスの山々が見える絶景が待っていました。
山頂での休憩後、長い梯子を下り、キレットを経由して赤岳。 そして文三郎を赤岳のバリエーションルートを登る人たちを見ながら行者小屋まで下りテント二泊目。
20190113-yatsu01.jpg

20190113-yatsu02.jpg

20190113-yatsu03.jpg

20190113-yatsu04.jpg

20190113-yatsu05.jpg

20190113-yatsu06.jpg

最終日は南沢の小滝見物や凍った沢を歩いたりしながら美濃戸口まで下山し、タクシーで車を回収して帰路につきました。
20190114-yatsu02.jpg
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 八ヶ岳

2019年01月07日

新龍アルプス下見登山

域:新龍アルプス
日程:2019/1/7
参加者:達雄

姫路登山倶楽部定例会の下見に、一人で新龍アルプスを歩いてきました。

20190107-sinryu1.jpg

20190107-sinryu3.jpg

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2019年01月06日

七種槍から七種山縦走

域:七種山
日程:2019/1/6
参加者:達雄、陽子、北川、清水、加藤、松永

姫路登山倶楽部第二回定例山行も雪がちらつく肌寒い天候の中行うことになりました。
野外活動センターから七種槍から七種山を回る周回コースを参加者4名の皆様と約6時間かけて楽しく歩きました。

七種槍までは岩場歩きが続きます
20190106-nagusa1.jpg

20190106-nagusa2.jpg

20190106-nagusa3.jpg

20190106-nagusa4.jpg

山頂からつなぎ岩に下る岩が濡れて滑り易かったので念のためロープフィックス
20190106-nagusa5.jpg

つなぎ岩から見る景色は最高
20190106-nagusa6.jpg
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2019年01月03日

今年の初登山は定例会の下見で七種山

山域:七種山
日程:2019/1/3
参加者:達雄、陽子、太樹

週末の姫路登山倶楽部定例山行の下見で、帰省中の長男と妻の三人で、七種槍から七種山の周回コースを歩きました。 空気は冷たかったものの、好天に汗ばむ陽気でした。 日曜日の天気は曇りで寒そうですが、心配していた雪も消えて、山頂付近にちらほら残っている程度でした。 予定通り実施できそうで一安心です。


20190103-nagusa01.jpg


20190103-nagusa02.jpg


20190103-nagusa03.jpg


20190103-nagusa04.jpg


posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2018年12月16日

雪彦山遭難救助訓練

域:雪彦山
日程:2018/12/16
参加者:達雄、陽子、田路、吉田、小谷、赤木、金澤、仲川、上田、武田、北山、山口、阿部、稲田
   岳友会14名、他山岳会19名、岳連2名

今日は雪彦山遭難対策協議会の救助訓練。
登山道でザック担架に乗せた要救を梱包して1/3で引き上げる練習と、村の公民館でAEDを使った心肺蘇生法の練習をして終了しました。
例年は9月末に実施するのですが台風で延期になり、この時期になりましたが、寒くて体調が。 もうすぐ三連休、風邪をひかないようにしないと。

20181216-seppikoi1.jpg

20181216-seppikoi2.jpg

20181216-seppikoi3.jpg
posted by 岩と雪 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(雪彦山)

2018年12月15日

雪彦山清掃登山

域:雪彦山
日程:2018/12/15
参加者:達雄、陽子、田路、小谷

今日は雪彦山の清掃登山。この活動を始めた数十年前は弁当箱なとゴミだらけでしたが、最近はほとんど有りません。今日も4人でスーパーのナイロン袋1つで収まる量でした。登山者のモラルが上がったのか、きれいだと捨てにくいのか。いずれにしても嬉しい事です。
話は変わりますが、今日の雪彦山は山頂の北側、下山道は雪が残って非常に滑りやすい状態でした。

20181215-seppiko1.jpg
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(雪彦山)

2018年12月09日

雪化粧の明神山を登る

域:明神山
日程:2018/12/9
参加者:達雄、陽子、田島、北川

今年一番の寒気に覆われて、小雪が舞う中、姫路登山倶楽部 第一回目の定例山行 明神山に登りました。
山頂に設置された気温計が−2℃を示す寒さでしたが、うっすらと雪化粧をした木々が歓迎してくれ、美しい景色に参加者の皆さんも喜ばれていました。

今回はCコースから登り、Aコースを下山する周回コースを歩きました。
岩場が多く変化にとんだコースで楽しいですよ。

20181209-myojin01.jpg

20181209-myojin02.jpg

山頂で記念撮影。北部方面は真っ白でした。
20181209-myojin03.jpg

雪化粧した木々がきれいでした。
20181209-myojin04.jpg

下山後、瀧の観音様を見学して解散しました。
20181209-myojin05.jpg

登山開始(9:07)-(10:58)山頂(11:50)-(14:15)終了

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2018年11月23日

早月尾根から初冬の剱岳登頂

域:劔岳 早月尾根
日程:2018/11/23-25
参加者:達雄、後藤、吉田、上田、仲川、阿部

雪の剱岳に早月尾根から登りました。
直前の21日から今季一番の寒気が入り、22日の移動中も車のフロントガラスに大量のミゾレが打ち付けるなど、日本海側は大荒れでした。 念のため明るくなるまで近くのSAで朝を迎えて向かった馬場島は一面の雪景色でした。
20Kg近くある重いザックを背負い、忍耐の登り。早月小屋のテント場に着いた時には日が沈みかけていました。仲川さんが用意してくれた鍋を囲み、明日の登山成功を祈ってスパークリングワインで祝杯を上げて就寝しました。

馬場島は雪景色
20181123-haya01.jpg

新雪がきれいな早月尾根
20181123-haya02.jpg

小屋が見えてからが遠い
20181123-haya03.jpg

翌朝は信じられないくらいの快晴でした。 ヤマテンでは二日間で60cmの新雪の予報でしたが、実際にそれくらい積もったようです。 先行して出発した三人パーティがラッセルに苦労しています。 しばらくして出発した私たちも追いついて先頭に出てラッセルしましたが急斜面でストックが半分近く刺さる新雪に苦労しました。
上部の岩場は雪が積もっているものの中途半端に岩が出ているいやらしい状態。幸いなことに上部核心部のクサリは露出していたのでクサリで安全確保して慎重に登りました。

やがて、別山尾根との分岐標識が現れ、屋根の一部が出た山頂の祠につきました。 山頂で周囲の景色を堪能し記念撮影をして下山開始。 50mロープいっぱいの懸垂を二回したのち、来た道をトレースしました。 テント着は4時で、もう少しすると日が沈むところでした。

20181124-haya01.jpg

20181124-haya02.jpg

20181124-haya03.jpg

20181124-haya04.jpg

山頂の祠は殆ど埋まっていました
20181124-haya05.jpg

20181124-haya06.jpg

さあ下山
20181124-haya07.jpg

50mの懸垂下降を二回
20181124-haya07a.jpg


20181124-haya08.jpg

20181124-haya09.jpg

20181124-haya10.jpg

ようやくテント着
20181124-haya11.jpg

テントで鍋を囲んで祝宴を上げ就寝。 翌朝は再び重荷を背負い、ひたすら足を動かして馬場島に戻りました。

テント場近くの高台から
20181125-haya01.jpg

馬場島に到着
20181125-haya02.jpg

11/23 馬場島(9:00)-(16:38)早月小屋テント場
11/24 テント場(6:43)-(11:49)剱岳(12:18)-(16:05)テント場
11/25 テント場(7:28)-(11:04)馬場島



posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北アルプス

2018年11月18日

納山祭の翌日加西アルプスを歩きました

域:加西アルプス 善防山・笠松山
日程:2018/11/18
参加者:達雄、陽子、宮崎、井上、武田、稲田、北山、阿部

恒例の納山祭の翌日、暖かい日だまりの中、加西アルプスを歩きました。

20181118-zenbou2.jpg

20181118-zenbou.jpg

駐車場(10:50)-大手門登山口(11:06)-(11:28)善防山(11:43)-(12:17)笠松山(13:03)-(13:16)駐車場


posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫