2018年05月13日

今年の雪彦山山開きは雨でした

山域:兵庫県 雪彦山
日程:2018/5/13
参加者:達雄、陽子、上月、田路、宮崎、小谷、赤木、金澤、仲川、上村、上田

今年の山開きはひどい雨の中、執り行われました。
20180513-seppiko1.jpg


posted by 岩と雪 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(雪彦山)

2018年05月12日

妙号岩でのクライミング練習に同行

山域:兵庫県 雪彦山
日程:2018/5/12
参加者:達雄、陽子、他10名

岳連の登山サークルHMAのクライミング練習で妙号岩に行きました。

20180512-myogo1.jpg

黒田、根津、中西
大西、浅野、大濱、米田、広坂、小谷、羽田

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2018年05月05日

雪彦山三峰一般でクライミング練習

山域:兵庫県 雪彦山
日程:2018/5/5
参加者:達雄、陽子、他4名

昨日に引き続いて6名が参加して雪彦山三峰一般でクライミング練習をしました。
今日は武田さん、井口さんが全ピッチリード。
昨日と打って変わって快晴で空気の気持ち良いクライミング日和でした。

下記はザイルパーティ
・武田、尾国、山口
・井口、西本T、西本Y

20180505-seppiko0.jpg
posted by 岩と雪 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(雪彦山)

2018年05月04日

雪彦山地蔵東稜でクライミング練習

山域:兵庫県 雪彦山
日程:2018/5/4
参加者:達雄、陽子、他8名

GWに計画していた後立山縦走が悪天候のため中止になり、急遽、雪彦山でのトレーニングを実施しました。
雪彦山も寒気の影響で霰が降る不安定で寒い中、リードクライマー目指して日頃リードの機会の少ない、あるいは初めてのメンバーに地蔵岳東稜を登ってもらいました。

下記はザイルパーティ(先頭はリード役)
・井口、上村、山口
・西本Y、上月、上田
・武田、尾国
・仲川、西本T

注意点、課題 など
・ビレイ点構築はロープ操作がしやすい位置になるように気をつける
・ビレイ点構築時間の短縮
・全員がリードできるようになれば、ツルベで登攀に挑戦
・ロープが流れやすいライニングビレイ設置
・クイックドローの向きに注意

沢伝いに苔むした巨岩でボルダリング
20180504-seppiko1.jpg

東稜4P目のチムニーをリードする陽子

20180504-seppiko3.jpg

地蔵岳山頂で
20180504-seppiko4.jpg

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(雪彦山)

2018年04月30日

大普賢岳に家族山行

山域:奈良県 大普賢岳
日程:2018/4/30
参加者:達雄、陽子、優里

連休の前半、大峰の大普賢岳に登りました。
初めての山でクサリ場なども多いという事だったため、時間に余裕を見て朝3時に自宅発7時前には登山開始しましたが、日陰では涼しいくらいの登山日和に快適に登れたため、14時前に下山できました。
GWという事もあるのでしょうが、周回コースを回る登山者より大きな荷物を持った縦走者が多かったようです。

登山道は鉄製梯子で整備されていて、本来の面白みが薄れているようです。
20180430-daifugen02.jpg

途中のピークも取りこぼさずに山頂を踏んだのですが、あっという間に山頂に着いてしまいました。
20180430-daifugen04.jpg

山頂から反時計回りの下山道はブナの原生林の中。
20180430-daifugen05.jpg

稜線から分かれてからの崩れやすい場所が多かったようです。特に無双洞までの下りは石を落とすと先行者にあたりそうでした。
20180430-daifugen06.jpg

名前の通り底が見えない深い穴をのぞき込む。
20180430-daifugen07.jpg

例年より少し早いのでしょうか、群生して開花していました。
20180430-daifugen08.jpg

反時計回りで周回
和佐又ヒュッテ(6:45)-(8:05)小普賢-(8:50)大普賢岳(9:10)-(9:20)弥勒岳-(9:40)国見岳-(10:17)七曜岳-(10:25)下山道分岐-(11:39)無双洞-(12:20)底無井戸-(13:30)和佐又山-(13:53)和佐又ヒュッテ

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿

2018年04月21日

重荷にあえぎながら登った笈ケ岳

山域:石川県 笈ケ岳
日程:2018/4/21-22
参加者:達雄、陽子、仲川、井口、上村、上田、武田、稲田、尾国

山岳会メンバー9名で二百名山の一つ笈ヶ岳に登ってきました。 金曜日の深夜移動で寝不足な中、初日はスキー場駐車場からブナオ山経由で冬瓜山手前のなだらかな場所にテント設営し笈ヶ岳山頂を往復しました。 二日目は野猿公園に下り林道を歩きました。こちらは急坂ではあるものの、踏み跡もしっかりしていました。 今回私たち以外の一泊山行は1名のみ、日帰り登山者は二日間で40名程度でしょうか、アプローチの短い林道を歩き野猿公園経由のルートで日帰り往復していました。
重い荷物にあえぎながらも、白山の雄大な景色を眺め、気心の知れた仲間と過ごす時間は最高でした。

発電所送水管横の長く急な階段を登りきるとやぶ漕ぎの始まり。ブナオ山までの行程はきつかった。 
20180421-oizuru02.jpg

なだらかな場所でテント設営後、山頂往復。 身軽になったというもののここからも長かった。
20180421-oizuru03.jpg

ようやく着いた静かで展望の良い笈ケ岳山頂。 他に一人だけの登山者にお願いして記念撮影。
20180421-oizuru01.jpg

名も知らない山々を眺めながら下山開始。
20180421-oizuru04.jpg

テント場から夕陽に色づく白山を見ながらの最高のひと時。
20180421-oizuru06.jpg

テントを撤収し、さあこれから長い長い下りです。
20180421-oizuru11.jpg

見事なほどのカタクリの群生に足を休めながらの下山。
20180421-oizuru12.jpg

4/21 スキー場駐車場(5:15)-(7:55)ブナオ山-(10:40)幕営地(11:00)-(13:20)笈ヶ岳(13:45)-(15:35)幕営地
4/22 幕営地(6:15)-(8:20)野猿公園休憩小屋-(10:50)駐車場

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸

2018年04月19日

ガイド協会のスキルアップ講習会で烏帽子岩クライミング

山域:兵庫県 道場の岩場 烏帽子岩
日程:2018/4/19
参加者:達雄、陽子、内炭、新名、  、山代、足立

関西ガイド協会のスキルアップ講習会で烏帽子岩を登りました。
スキルアップ研修は初めての参加でしたが、クライミングの後レスキュー技術の指導など楽しく、ためになる一日でした。

20180419-ebosi01.jpg
posted by 岩と雪 at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2018年04月15日

高御位山の岩場で懸垂下降練習

山域:兵庫県 高御位山
日程:2018/4/15
参加者:達雄、陽子、田路、後藤、西本T、井口、上村、西本Y、上田、武田、阿部、山口、松林

GW山行に向けて、会のメンバーの懸垂下降指導。
ビレイ器の他、エイト環やムンター、肩がらみなど色々な方法を練習しました。

鷹巣ハングで空中懸垂中
20180415-takamiku3.jpg
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(高御位山)

2018年04月08日

雪彦山でクライミング基礎練習

山域:兵庫県 雪彦山
日程:2018/4/8
参加者:達雄、陽子、田路、金澤、仲川、井口、上村、上田、武田、山口、尾国、阿部
今回は登山靴でのクライミング練習。
フラットソールと異なり、ごまかしがきかない正確なフットワークを身につけます。
登山口すぐ上の堰堤から沢に入り、不行沢経由で地蔵岳山頂へ。
この間、滑りやすい沢筋を登山靴でヘツリやボルダリングをしながら登りました。
登山開始 9:00 ~ 下山 15:45

20180408-seppiko1.jpg

20180408-seppiko2.jpg

posted by 岩と雪 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(雪彦山)

2018年04月01日

古法華の岩場でクライミング入門講座

山域:兵庫県 古法華の岩場
日程:2018/4/1
参加者:達雄、田路、宮崎、矢留、赤木、金澤、仲川、井口、上田、北村、稲田、北山、山口、尾国、阿部、寺本、松林

所属する会でアルパインのマルチピッチをリードできるメンバーを増やすため、クライミング基礎講習会をしました。ロープの結び方や岩場に着いてからクライミング終了までの一連の流れに沿った説明の後、懸垂下降の支点作成なとを一つ一つ説明。全員がああだこうだと楽しい講習会でした。

20180401-furu1.jpg

講習会の後は全員でクライミング、わいわいがやがやと楽しい一日でした。
20180401-furu3.jpg

20180401-furu2.jpg
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2018年03月24日

雪の乗鞍岳をスキー登山

山域:北アルプス 乗鞍岳
日程:2018/3/24-25
参加者:達雄、田路、後藤、上田、尾国、阿部

以前より登りたかった雪の乗鞍岳にスキー登山。土曜日はスキー場で足慣らしの後、位ヶ原山荘泊。食事もおいしくて、また行ってみたいと思う小屋でした。日曜日は天気は良かったのですが風が強く、無理をせず肩の小屋にスキーをデポして山頂往復。天気は良かったのですが稜線は体が浮くような強風でした。 少し油断すると1mくらい横に瞬間移動です。 メンバーの中には顔が凍傷で黒く変色するものもいました。

スキー場トップから、さあ出発です。
20180325-norikura0.jpg

小屋の中の楽しいひと時。6人で6畳の部屋で思い切りくつろぎました。
20180325-norikura5.jpg

翌日は広大な雪の斜面をスキーを使って快調に登りました。
20180325-norikura1.jpg

強風で雪の状態も悪かったので、肩の小屋にスキーをデポして朝日岳に向かって登りました。 
スキーを外した途端、足が沈み踏み抜きも多くて苦労しました。
20180325-norikura2a.jpg

風は強いものの天気は最高で四方の山が楽しめました。
20180325-norikura2.jpg

山頂の鳥居は凍り付いていました。
20180325-norikura3.jpg

20180325-norikura3a.jpg

20180325-norikura4.jpg

さあスキーで快適に、とはゆかず。 シュカブラに板を取られ、満足に滑れませんでした。
20180325-norikura6.jpg

3/24 乗鞍スキーリゾートでスキー練習後、スキー場トップ(12:50)-(14:30)位ヶ原山荘
3/25 位ヶ原山荘(6:30)−肩の小屋(8:35)-朝日岳-(9:45)乗鞍岳(10:00)-肩の小屋-(12:00)スキー場トップ

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北アルプス

2018年03月18日

今年の登り始めに雪彦山地蔵岳東稜

山域:兵庫県 雪彦山
日程:2018/3/18
参加者:達雄、井口、山口、(別パーティ)田路、松林

10月にひじを骨折して以来のクライミング、未だまっすぐに伸ばすと痛みますが、何のその。
20180317-seppiko1.jpg
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫(雪彦山)

2018年03月11日

雪解けの進む沖ノ山でスキーを楽しむ

山域:兵庫県 沖ノ山
日程:2018/3/11
参加者:(スキー)田路、後藤、西本T、仲川
    (ワカン)酒居、水守、稲田

若杉峠登山口(8:45)-(10:45)沖ノ山山頂(10:55)-(12:45)登山口

今年は雪解けが早く除雪が進んでいたため、若杉峠まで車で入ることができたためでしょうか。殆ど誰も登っていないと思っていましたが、スノーシューのパーティに何組か出会いました。
私たちもアプローチでは楽をできましたが、その分少ない雪に下山のスキーで苦労しました。 兵庫県の山でのスキー登山は、そろそろ終わりのようです。

駐車場からすぐにスキーをつけて登山開始
20180311-okinosen00.jpg

県境尾根の東はブナの原生林、西は杉の植林です。
20180311-okinosen02.jpg

山頂の少し手前ですが、地面が見えています。
20180311-okinosen02a.jpg

木立の中で見晴らしが悪い山頂
スキー隊と足の速い稲田さんで記念撮影
20180311-okinosen03.jpg

下山後、参加者全員で記念撮影
20180311-okinosen04.jpg



posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2018年03月03日

残雪の扇ノ山をスキー登山

山域:兵庫県 扇ノ山
日程:2018/3/3
参加者:田路、西本T、西本Y、上田、山口、阿部、尾國

海上 バス停の少し上で駐車(8:30)-(13:05)山頂小屋(13:25)-(16:05)海上

直前の春一番で随分と雪が融けたようですが、スキーには十分な積雪が残っていました。
姫路からの移動で出発時間が遅くなりましたが、スキーの機動力を生かして扇ノ山山頂を往復できました。

開けた雪の斜面に帰路のスキー滑走が楽しみです。
2017-80303-oogi00.jpg

山頂小屋で昼食の後、いよいよスキー滑降の開始です。
2017-80303-oogi01.jpg

扇ノ山の広い雪面はスキーに最高です。
2017-80303-oogi02.jpg

上山高原のベンチで一休み。
2017-80303-oogi03.jpg
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2018年02月17日

宍粟50名山 三国平で雪山訓練

山域 :兵庫県 三国平
日程 :2018/2/17
参加者:達雄、HMA 10名

HMAのメンバーと宍粟50名山の一つ三国平(1,128m)に行きました。 ちぐさスキー場駐車場を9:00出発。 ルート上には先週の登山者のものでしょうか、うっすらとトレースが残っています。高度差の少ないなだらかな雪の根尾沿いに進むため、コースがわかりにくいところがあります。 赤テープなどのしるしに注意して進むと良いです。 私たちはコンパスによるナビゲーション訓練でトレースをつけながらだったため、三国平には11:45着でした。 近くの雪の深そうなところで雪洞作成、ツェルト設営などの訓練をして15:55に下山しました。
20180217-tengoya01.jpg

20180217-tengoya01a.jpg

20180217-tengoya02.jpg


posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2018年02月04日

宍粟50名山 三室山と竹呂山をスノーシューで縦走

山域 :兵庫県 三室山と竹呂山
日程 :2018/2/4
参加者:達雄、陽子、優里、吉田、井口、武田、尾国、松林

当初はわかさスキー場から氷ノ山三の丸を登山予定でしたが、悪天候を避けて三室山に行きました。 竹呂山登山口近くで道路の除雪がなくなり駐車し登山開始しました。 数年前に来たときはスノーシューを履いても腰までの深雪に山頂にたどり着けませんでしたが、今回はそこまでの雪はなく、強力メンバーが集まっていたのであっという間に山頂につきました。素晴らしい景色に囲まれた山頂で休憩の後、ブナの原生林の残る尾根沿いに竹呂山に縦走しました。

20180204-mimuro01.jpg

20180204-mimuro04.jpg

20180204-mimuro02.jpg

20180204-mimuro03.jpg

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2018年01月20日

大山で雪山訓練

山名  :大山
日程  :2018/1/20~21
参加者:達雄、陽子 他

  20日〜戸田、仲川、西本Y、上田、稲田、山口、西本T 7名
  20日のみ後藤、武田、畝井 3名
  21日 小谷、井上、有田、北村、尾國 5名

はりま支部総勢22名で雪山訓練

週末は兵庫県山岳連盟はりま支部の山岳会が大山に集結して雪山入門講座。初日は大山元谷地形でスタンディングアックスビレイ、滑落停止、雪崩発生時の対応、スノーマウントの作成などを相互指導。二日目は全員で大山往復。先週の異常な暖かさで雪が解け山頂付近の木道が露出するほどの雪不足、視界10mの悪天候のなか、21名の参加で充実した二日間でした。

20180120-daisen01.jpg

20180120-daisen02.jpg

20180120-daisen03.jpg

20180120-daisen04.jpg

20180120-daisen05.jpg

20180120-daisen06.jpg

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中四国(大山)

2018年01月13日

北八ヶ岳で娘の本格雪山デビュー

山名  :北八ヶ岳 横岳~縞枯
日程  :2018/1/13~14
参加者:達雄、優里

娘と二人で北八ヶ岳に登ってきました。
初日は横岳から三つ岳経由で縞枯山に登り、麦草ヒュッテに宿泊。
三つ岳に向かう道はトレースは無く、巨岩帯に雪が積もり、深いクレパス状態に緊張して通過しました。
麦草ヒュッテは宿泊は11名、個室で居心地の良い小屋でした。

二日目は雨池経由でロープウェイ乗り場に戻りました。
凍結してグラウンドに雪が積もったような平原、大丈夫でしょうが、怖くて真ん中までは行きませんでした。それにしても寒かったです。久しぶりに指先がじんじん痛みました。

寒さは厳しいものの素晴らしい好天に恵まれました。

20180113-yatsu02.jpg

20180113-yatsu03a.jpg

三つ岳の深いクレパスにてこずる。
20180113-yatsu03.jpg

20180113-yatsu04.jpg

ようやくトレースのある道に合流。
20180113-yatsu05.jpg

20180113-yatsu06.jpg

凍った雨池の上を歩いてみました。
20180113-yatsu07a.jpg

20180113-yatsu09.jpg


20180113-yatsu11.jpg

posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 八ヶ岳

2018年01月04日

娘と二人でスノーシュー

山名  :兵庫県 宍粟 東山
日程  :2018/1/4
参加者:達雄、優里

娘と二人でスノーシューハイク。

フォレストステーション芳賀までの道は除雪され、ほとんど雪がありませんでした。心配をしましたが、R28を右折したあたりから新雪が積もっていました。 駐車場に車を置き、東山尾根コーから山頂へ、東山登山コースから駐車場に下る時計回りのルートを歩きました。
東山尾根コースの928ベンチ付近で三人の先行パーティ(ワカンでした)を追い越し、ラッセルで良い汗をかきました。 深いところでもスノーシューを履いてひざ下くらいの積雪で快調に進みました。
山頂少し手前のところで林道から右手の登山道に入るのですが、おしゃべりしていると見過ごしてしまいそうでした。 展望台のある山頂で昼食のカップラーメンを食べて下山開始。 すぐ下の分岐を左手の東山登山コースに入りましたが、そのあと雪で覆われた斜面が道がわかりにくいので降雪時など視界の悪いときは要注意です。 注意深く探すと標識などが見えてきますよ。 フォレストステーション芳賀には温泉もあるので、下山後すぐに温まれるのも魅力です。

東尾根登山道
20180104-higashiyama1.jpg

東山山頂
20180104-higashiyama2.jpg

山頂でゆっくりと昼食
20180104-higashiyama3.jpg

1/4 東山温泉(9:10)−東尾根取り付き(9:55)−(11:05)東山山頂(11:35)−東山登山口(12:15)−(12:45)東山温泉
posted by 岩と雪 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫

2017年12月16日

今年も八ヶ岳でアイスクライミング

山名  :八ヶ岳 裏同心沢、ジョウゴ沢
日程  :2017/12/16-17
参加者:達雄、上田、尾國

二か月前にひびの入った左ひじの治りが悪い中決行。
左手の引付はできないものの、何とかリードできそうです。
20171216-yatsu2.jpg

上田さん初リードを見守る
20171216-yatsu1.jpg

裏同心沢を詰めて大同心基部から大同心稜を下山
20171216-yatsu5.jpg

二日目、ジョウゴ沢大滝で二番手の尾國さんが事故でレスキューのお世話になりました。苦くも貴重勉強になりました。

12/16  赤岳山荘P(7:35)−(9:15)赤岳鉱泉小屋−(裏同心沢)−(14:15)鉱泉小屋
12/17 鉱泉小屋(7:05)−(ジョウゴ沢)−鉱泉小屋−赤岳山荘
posted by 岩と雪 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 八ヶ岳